住宅ローン借り換えの強い味方!「モゲチェック」がすごい

app-mogecheck-01住宅ローンを借りている人で他行に借り換えをしたら安くなるのではないか?と思っている人も多いのではないでしょうか。
今回は、そのような他行から借り入れをするかどうかを検討できるアプリ「モゲチェック」をご紹介します。

モゲチェックとは

住宅ローンを組む時って結構苦労しますよね。
どの銀行から借りるのがいいのか検討することはもちろん、決まったり検討中に何度も銀行に足を運んで説明を聞いて、いざ契約となると膨大な量の書類にサインをして…
と、そんな経験を持っている人も多いと思います。

そんな経験からか、一度借りると借り換えするとメリットがある場合があるとわかっていても、なかなか実行に移せなかったり検討するのも億劫という状態になりがちですよね(僕だけですか?)。
今回紹介する「モゲチェック」はそんな検討する段階を自動化してくれるものすごいアプリです。
現在Android版がリリースされていて、iOS版は近日公開されるとのこと(2015年6月22日現在)。

ダウンロード~初期設定

早速ストアからダウンロードしてみましょう。
app-mogecheck-01
起動するとこんな画面が。「住宅ローンから始める家計の見直し」ですか。いいですね。お得になりたいです。

起動するとFacebookアカウントでログインするか、Google+アカウントでログインするか、メールアドレスを登録してログインするかが選択できます。
それ以外に面倒な設定はいらなそう(少なくともこの段階では)なので、さくっと登録します。

登録完了すると、今の借り入れ情報を入力します。
・借り入れ金融機関
・借り入れ開始年月
・返済完了予定年月
・金利の種類
・現在の金利
たったこれだけの入力で、いろんな情報を見ることができます。

データを見てみよう

見てみようとか言いながら、僕は借り換えの必要がありませんってでちゃったので、詳しく紹介もできないのですが。。。
app-mogecheck-02
元本がどのくらい残っているのか見ることができます。
あと、総返済額や他の金利タイプにした場合の比較などが視覚的に確認できてわかりやすい。
月返済額っていうボタンを押すと、それぞれの金利タイプのおおよその月返済額を確認できます。僕の場合は現在の金利で5.2(万)って出ていたのでおおよそあってますね。本当は50810円。

app-mogecheck-03
金利安いランキング(と思われる)もチェックできます。
ランキング上位はネットバンク的な会社が多いですね。おそらく固定の店舗を構えていないだけ内部コストが安い、からの金利も安くできるということなのでしょう。
数値で-6とかになっているのは、借り換えると今の借り入れプランと比べてどのくらい支払いが増減するかを表しているものと思われます。ランキングが下位にいけばいくほどマイナスの値が大きくなるので、おそらくこれはマイナスだと支払いが増える。ということなのだと思います。単位はおそらく万。

app-mogecheck-04
マーケット欄ではここ近年の金利の移り変わりを見ることができます。
フラット35は多少上下してますが、基本的には年々金利は下がり続けているということがわかります。変動も急激な変化はここ近年は全く無いですね。

使ってみよう

僕のデータだと借り換えの必要がないらしいので、あまり詳細な話をできなくて申し訳ないのですが、使って見る価値はあると思います。
アプリは無料ですし、借り換えの必要が無いということであれば一安心することができます。この安心感はちょっと嬉しい。オススメ。

借り換えをすることでメリットを受けられる家庭は、おおよそ400~500万戸あるそうで、毎年その中の20万戸程度しか借り換えをしないそうです。
今現在日本で住宅ローンを組んでいる家は800万戸程度ということなので、半分以上の世帯が借り換えのメリットがあるのに行動できていないということがわかります。
数百万円の支払い節約もザラ、「モゲチェック」は日本初の住宅ローン借り換えアプリ

アプリを入れて登録しておくと、他行からお得になる情報を受け取ることができたり、変動金利の場合は金利変動のタイミングで借り換えがお得になる場合お知らせしてくれる機能もあるそうです。
普段から目を光らせて住宅ローン事情を追いかけるのは大変ですが、このアプリを入れておくことで何かあった時には連絡が入る。という状態にしておくと気楽に構えていられて良さそうです。

ぜひお試しあれ。
モゲチェック 全国120銀行から選べる住宅ローン借換アプリ

気に入ったらシェアをお願いします!