三国志初心者でも楽しめる!おすすめの三国志本7選

三国志13が発売されたことをきっかけに、僕のブログにもアクセスが集まってきています!ありがとう!ということで、ゲームから入った初心者でもわかりやすく三国志の世界観に触れることができる本を紹介します!

三国志全30巻漫画文庫 (潮漫画文庫)

いわずもがな有名な横山光輝先生の不朽の名作です。
三国志の長くて複雑なストーリーをテンポよく、わかりやすく読むことができます!
ネット上でもキャプチャが流れてくることがあるので、作品を読んでおくと「くすっ」とできる機会が増えるかも。

三国志人物事典

三国志演義の全登場人物約1500人の、生涯・エピソードを、正史との異同を交えながら生き生きと記述。付録として、故事・成語、出師の表(前・後)を収録。

三国志といえば武将だよね!って人もそうでない人も必見の一冊。
1500人もの武将の紹介と、紹介がてら関連する情報にも触れているので知識を深めることができます!

蒼天航路

“乱世の姦雄”と呼ばれ、中国史上に巨大な悪名を残した英雄・曹操孟徳。だがその破格な生き様は、天に愛された者のみが持つ輝きに満ちている。この物語は、その輝きによって照らし出される新たな「三国志」である。

曹操が主人公の漫画。横山三国志と比べると主人公がりゅう日ではないこともあり、解釈などが異なっていておもしろい!
ダイナミックなコマ割り、いきいきとした描写は三国志漫画の中でもインパクトが強くてどんどん読み進められると思います!

史上最強カラー図解 三国志のすべてがわかる本

大迫力のリアルCGで数々の名場面や合戦が蘇ります。また「三国志」の武将イラストで有名な長野剛氏による英雄たちも数多く登場します。合戦の解説、英雄たちの紹介から、激戦の通史、名軍師、感動エピソードまで見て読んで楽しめるヴィジュアル三国志の決定版!

かなりしっかりと作られた、丁寧な三国志の解説本です!
この時、なんで負けたの?とか、なんで退却したの?とかそういった疑問も、この解説書を読むとわかってくると思います!

三国志 全12巻完全版 地図付

数々の作品に多大な影響を、今なお与え続けている吉川英治の三国志。
漫画よりも小説として読みたい!という人におすすめ!

文庫版三国志完結記念セット(全14巻)

こちらも小説!北方謙三の作品で、一風変わったエピソードなどが入っています!
従来の三国志演義とは異なった三国志の世界を楽しみたい方はぜひ。
文章力が高すぎて難しいことを書いているのに、すらすらーっと読めるのはすごいっす!

正史 三国志 全8巻セット (ちくま学芸文庫)

最後はこちら。「正史」三国志。
正史っていうのは、歴史に準じたという意味。
知っている人も多いと思うけれど、三国志演義は後世に作られた創作話(大筋は一緒なんだけど)ですが、正史はもともと蜀に使えていた陳寿が書き上げたもの。
蜀は全8巻中1巻しかないものの、劉備伝は「先主伝」と記載されているなど心配りが伝わってくる非常にいい資料です!

気に入ったらシェアをお願いします!