お金を稼ぐことが目的になってはいけない理由

business-money-targetお金を稼ぐために辛い思いをしていませんか?
お金は生きていく上で必要なものですが、お金を稼ぐことを目的にしてはいけません。

目的とするべき内容

お金を稼ぐということが目的化すると、往々にして起こるのが稼ぐための手段に馴染めずストレスを抱えたりすることです。
もちろん仕事であれば、大なり小なりストレスはあるものかもしれません。
しかしどんなに仕事がうまく行っていたとしてもストレスを抱える可能性があるならば、それは決して良いこととはいえないでしょう。

仕事上でストレスを感じる理由は様々あると思いますが、その理由の大本を辿って行くとだいたいこんなかんじでしょう。
・仕事で行っていることへの誇りがない。自分の仕事に価値を見出していない。
・仕事を行う仲間との共通ゴールの認識がとれずに、人間関係が荒んでいる。
・商品が売れないため売上が下がっている。売れない商品をどうしていくか、ではなく数字目標だけ指示されるので納得がいかない。
これらはすべて、目的とするべき内容が食い違っているから起こる問題です。

目的とするべきなのは「世の中に対してどのように貢献していくか」ということです。
世の中に貢献できるものであれば、多くの人に受け入れられるために結果として売れる商品を作っていることになります。

売れる商品であれば売上に対する進捗はそうそう悪くないでしょう。
また、世の中に貢献していくことを基本にした商品であれば仕事に誇りを持ちやすく、自分の仕事に価値を感じられるはずです。
価値を感じられれば、次にどのように世の中に貢献していくかを考えることができるため、仲間との共通ゴールの認識が取りやすくチームプレーも活発になるはずです。
仲間だと思っている人間に対して、邪険にする人はそうはいませんよね。

このようにして問題をクリアすることができます。
目的とするべきは「いかに世の中に対して貢献していくか」です。

自分の人生に本当に必要なものとは?

自分の人生に本当に必要なのはお金でしょうか?
いいえ、違います。

本来お金は目的を達成するための道具であり、手段であるはずです。
お金を稼ぐことが目的になると、自分の人生で本当にやりたかったことがだんだん見えなく、曇っていくような気がします。
そのような状態は決して健全とはいえません。

自分の人生に必要なのは何か。
というのを、普段から意識しておくことで充足した人生を送ることができるようになります。

稼ぐことが目的化する弊害

稼ぐことが目的化すると、多くの弊害があります。

それをスムーズに理解するにはお金はなぜ動くのか、というところを簡単に抑えておく必要があります。
お金が動く理由とはおおむね、提供される価値への対価として支払われる事で動きます。
提供される価値とはなんでしょう。
それは食品であったり、衣服であったり、住居であったり、安心であったりするかもしれません。

稼ぐことが目的化すると、本来の流れである「価値を作って対価をもらう」というところからズレが生まれます。
お金を稼ぐために受けの良いものを考えるため、頓珍漢なものを作ってしまったり、作った当人や組織がその創りあげられた価値をわからずに、作りっぱなしになって放置してしまうケースが多いように思います。

こうなってしまうと、もはや作っている人やサービスを提供している人が自分の仕事に価値を見いだせなくなります。
モチベーションが下がり、業績は落ち、給与が下がり、やがて潰れるでしょう。
そうして負のスパイラルができあがります。

これを防ぐためには、世の中に必要な価値を提供し続ける必要があるのです。
価値を提供し続けるためには、稼ぐことを目的にしてはいけません。価値を提供することを目的にします。

今日の発見、気づき

ここ最近で思っていることを、ざっくりとまとめてみました。
仕事が何のために存在しているか、なぜお金は動くのか、基本の原理さえわかってしまえばシンプルです。
自分が世の中に最大限貢献できるのはなにか?ということを考えてみると道が見えてくるかもしれません。