任天堂のテーマパーク計画が発表されました

待ち望んでいたテーマパークが実現するかもしれません。
任天堂がユニバーサルスタジオを運営するユニバーサルパーク&リゾート(Universal Parks & Resorts)と業務提携して、任天堂のゲームを元にしたテーマパークを展開すると発表したそうです。

テーマパークに広がる夢

任天堂とユニバーサルスタジオが提携し、テーマパーク展開を計画 | INSIDE.jp

任天堂といえば、先日ディー・エヌ・エーと提携してスマートフォン向けのゲーム開発に着手したことが記憶に新しいですね。
個人的には今回の発表はそれを超えるインパクトがありました。

幼稚園の頃にマリオブラザーズで初めてマリオに触れ(祖父がゲーム好きなので小さい頃からゲームに親しんでました)、ヨッシーのたまご、ドクターマリオ、スーパーマリオブラザーズなど歴々のマリオシリーズを遊んできた僕にとっては予想外の発表であり、同時に1ファンとしてすごく楽しみでもあります。
クリボーを踏んだり、ヨッシーのたまごを食べたり、スターを拾って体当たりしたりできるかもしれません。夢が膨らみますね。

詳細は後日発表ということですが、クリエイティブチームがコンセプトを固めているとのこと。
どんなものが出来上がる予定なのか、今後に期待が高まります。

最近の任天堂

任天堂は今年に入ってからかなり動きが活発化しているように感じます。
先のディー・エヌ・エーとの提携によって、年内には何かしらのアウトプットをしていくとおっしゃってますし、今回の業務提携に至ってはホーム・エンターテイメントの枠組みから外れた大胆な試みとなっていく印象があります。

任天堂 – 経営方針

当社グループは、ホームエンターテインメントの分野で、健全な企業経営を維持しつつ新しい娯楽の創造を目指しています。

今回の発表を見ると、2015年は任天堂にとって大きなターニングポイントになるのかもしれませんね。

まとめ

長らく実現せずに望み薄と思われていたテーマパークがまさかの実現路線に。
1ファンとしても楽しみですが、ビジネス的にも注目の集まる展開になりそうです。よかったですね。