おもてなし感たっぷりの洋風カフェ「菓子工房オークウッド」

カフェって落ち着きますよね。
僕、カフェという空間が大好きなんですけれど今回行った春日部にある「菓子工房オークウッド」さんがかなり良かったのでご紹介します。
地元では結構な有名店なのか、路地入ったところにあるお店なんですがお客さんが大勢訪れていました!

溢れる洋風の世界観

オークウッドさんなんですが、ちょっとその辺のカフェとは違いかなり世界観を重視したカフェになっています。
お店に入る前にそれがよくわかる部分があるのですが、それがこちら。

cafe-orkwood-02
じゃーん。看板です。
実は、お店の周りを囲うように壁が作られていて、その門にあたる部分にはこんな感じで大きな看板が設置されています。
周辺を緑で囲まれていて、なんだかレジャー施設にでも来たような感覚。
素敵ですね。

cafe-orkwood-01
看板から視線を左に移すとお店が見えます。
お店の入り口までのアプローチがこんなにしっかり作り込まれているカフェは、そう多くないはず。

cafe-orkwood-03
道順に沿って歩いて行くと、奥に広場的なところが広がっています。
おぉ。。。なんか某ランドに来たかのような雰囲気。すげー。

cafe-orkwood-04
広場に入るところにも看板が。
こういう細かい芸が入っていると、お店に対する期待感も高くなりますね。
実際、オークウッドだってこの時点ではわかってるわけですし、不要といえば不要な看板だと思うんですけれど世界観がよく表れていていいですね。

cafe-orkwood-05
お店です。
写真があまり良くなくてわかりづらいんですが、左手にはお持ち帰りのケーキを販売している「オークウッド」。
右手にはカフェとして機能している「オークウッドカフェ」の入り口があります。
ちなみに、左手の後方には犬を連れてきた人が一緒に座れる屋外座席的なものもありました(そこでお茶できるのかはわからなかったですが)。

cafe-orkwood-06
オークウッドカフェの入り口です。
赤い扉がかわいいですね。こういう雰囲気っていいなぁー。
前に春日部のカフェ「NAYA」に来た時を思い出します。洋風の系統にてるよね。

店内に入ってみる

cafe-orkwood-07
店内の様子。
きっちりとして整然とした建物と言うよりは、曲線を取り入れた優しい印象の店内です。

cafe-orkwood-08
木のぬくもりと、どことなく手作り感のある店内の装飾。
本に紛れてオークウッドのアルバムみたいなのも置いてありました。
時間がなくて中身が見れなかったのですが、こういうのが設置してあるのって人の温もりあってこそですよね。

cafe-orkwood-09
盛大に謎の縦の光が入ってしまっていますが、座席から見た店内の様子。
木の柱が田舎風の雰囲気を出していて、非常によろしいです。落ち着く。。。

cafe-orkwood-10
こちらは別方向。
そんなに広い店内ではないのですが、面積の割に広々と感じます。

cafe-orkwood-11
なんと12周年!
長く続いているところは、色々違いますねー
続くだけの理由があるというか。
まだ何も食べていないけれど、なるほどなーなんて感心してしまいました。

食べるぞい!

cafe-orkwood-12
ランチとデザートを頼んでみました。
こちらはピーマンのスープ!初めて食べたー
ピーマン好きな人にはめちゃくちゃいいかも。僕はかなり好きでした!
ピーマンの青臭さみたいな香りがいいアクセントになっていて、非常にうまい。
これは、もっと大量に飲みたいっすね。。

cafe-orkwood-13
こちらはメイン。料理名は忘れた←
ムール貝をはじめとした魚介のスープにお米が沈んだやつ(雑)で、これがかなりうまい。
リゾットみたいにご飯がふやけていないのですが、食べている間に食感が変わるし、魚介の旨味がどんどん染みていくし、最高の一皿でした。
量は少なめなので、男性は物足りないかもしれません。

cafe-orkwood-14
ケーキと紅茶。
オーソドックスにイチゴのショートを注文したのですが、この時期のイチゴの酸っぱさがちょうどケーキの甘さにマッチしていて良いでした。
スポンジはふわふわ。ぺろっと1つ食べてしまうくらいの軽さでした。
紅茶もうまくて、ポットにたくさん入っているので結構オススメ。

全体的に満足感の高いお店だったと思います!
店員さんの対応も良く、おもてなし感がすごく伝わってくる暖かい雰囲気でした〜!

店舗情報

オークウッド
住所: 〒344-0006 埼玉県春日部市八丁目966-51
電話:048-760-0357
営業時間:10:00〜19:00
定休日:水曜日・火曜日不定休
駐車場:あり