軽井沢ムーゼの森にある「ミュージアムカフェ ルーエ」がおすすめ!

軽井沢にムーゼの森という場所があるのですが、そこに「ミュージアムカフェ ルーエ」というカフェがあります。
絵本や人形などが店内に置かれていてかわいい&オシャレなお店で素敵だったので紹介したいと思います。
エルツおもちゃ博物館や軽井沢絵本の森美術館のすぐそばなので、観光時のひと休みにばっちりですよ〜

ムーゼの森とは?

長野県軽井沢町にあるミュージアムパークで、「軽井沢絵本の森美術館」「ピクチャレスクガーデン」「エルツおもちゃ博物館・軽井沢」の3つの施設があります。その中に休憩できるカフェとして併設されているのが、今回ご紹介するミュージアムカフェ ルーエです。
ムーゼの森自体は、自然豊かで静かな庭。という感じで、その中に博物館や美術館が点在しています。
自然と文化の双方に交互に触れることで、普段思いを巡らせないことを考えたりできそうな空間になっています。

ミュージアムカフェ ルーエ

ムーゼの森にあるカフェ ルーエ
ムーゼの森でエルツおもちゃ博物館の奥にある建物が、ミュージアムカフェ ルーエです。
こんな自然に囲まれた中にカフェがあるのって素敵じゃないですか!?
進んでいくと右側に石垣があってこれまたいい風合いですね。

ルーエの外観
もう少し近づいて写真を撮った図。
看板などにはエルツおもちゃ博物館の面影とも言えるキャラクターが描かれていたりします。
建物は特殊な形状をしていておもしろいですね。ロッジらしさと近代建築物の合いの子みたいな雰囲気があってとても印象的です。

店内の席の他に、テラス席もいくつかあるようでした。

ルーエの店内
店内の様子。
木、コンクリートとこれまた自然と人工物が融和したデザインとなっています。
また、赤い壁がアクセントとして際立っていて印象的です。
天井はとても高く開放感があって心地がいいですよ。

ルーエの店内にある人形と本
店内には至る所に人形が置いてあります。また、本の販売もしている模様。
ムーゼの森のコンテンツをうまく融和させて一つの店舗を作り上げた。という感じでしょうか。

ルーエの店内にある絵本
絵本の販売。有名な絵本が多めです。
より多くの絵本を求めるなら、ムーゼの森の中にある絵本の森美術館の売店が良いでしょう。

ルーエの店内で販売している食器
食器の販売もしています。
食器のデザインテイストは幅が狭いものの、ルーエで使っている食器の系統と揃っているので、ルーエのような雰囲気の家にしたい!とか、ルーエの思い出を自宅でいつでも思い出したい!という人は覗いてみると良さそうです。

メニュー

ルーエのランチメニュー
ランチでは軽食が提供されています。

ルーエのドリンクとスイーツ
それ以外にはドリンクとスイーツが常に提供されているようです。

ルーエのランチメニュー カレー
今回は、ブランチを兼ねてランチをいただきました。
注文したのは野菜畑カレー。
ひき肉がルー全体に絡んでいて、野菜も豊富で食べごたえのあるカレーとなっていました。
辛さは辛すぎず甘すぎずというところで、おそらくどんな人でもおいしく頂くことができると思います。

ボリュームはブランチにはちょうどよく、少しがっつり食べたい人には少し足りないかも。。という感じでした。

気になるポイント

接客:★★★★★
落ち着いた雰囲気の店員さんが、丁寧に接客してくれました。
画一化されたチェーン店のような接客ではなく、優しさを感じられるような接客だったと思います!

店の清潔さ:★★★★★
店内は年季を感じる椅子などが設置されていたものの、清掃という点では綺麗そのもので快適に利用することができました。
また、絵本などを置いてあるスペースも綺麗に掃除、整頓されていてとても良かったです。

料金:★★★★☆
料金的には地方にしては若干高いかな?と思うものの、そんなに違和感のある金額ではありませんでした。
何より、金額に見合っただけのゆったりとした時間と、おいしい料理を提供してくれるので満足度は高いと思います!

ななうみ
開放的な空間で楽しく軽井沢を満喫しながら、おいしい料理をいただけるカフェ。コーヒーはそれなりでしたが、料理は文句なしにおいしかったです。あと、店内はフリーWi-Fiが入っているので、ちょっとした作業をするのにも便利。混雑時以外であれば少しゆっくり使わせてもらうこともできそうでした。

店舗情報

ミュージアムカフェ ルーエ
住所: 〒389-0111 長野県北佐久郡軽井沢町長倉193
電話:0267-48-2009
営業時間:9:30~17:00
定休日:火曜
駐車場:なし