印旛沼公園になっている師戸城がいい城跡だったよ!

城好きのみなさんこんにちは!先日佐倉市に遊びに行ったときに印旛沼公園っていうところに行ってきたんですけれど、まさかまさかの城跡だったのでご紹介です。天守(そもそもあったのか?)や城壁は残っていないものの、遺構が綺麗に残っていたので楽しかったよ!

師戸城

castle-moroto-01
千葉氏の一族であった臼井氏が作った臼井城(師戸城の近くにある)の支城として作られたらしい。
千葉氏というと、信長の野望 創造的にはS1にしか登場しない弱小大名ですが、実際には坂東八平氏に数えられたりしている有力な豪族で、室町時代には守護大名、戦国時代には戦国大名となった家系です。
下総、上総、武蔵において所領を持っていたと言われている。すげー!

ちなみに千葉氏の一族からは東北地方に移動して改姓した有力者も多く、相馬家や葛西家もそうらしい。
めっちゃすごい家系だな!

で、その一族である臼井氏の支城であったのが師戸城だったと。なるほど。
上杉謙信の侵攻にも耐えたとか、結構なものですな…!

場所はこの辺り。

印旛沼からは現在は少し離れていますが、開墾されたりする前はもっと城に近い位置まで沼が広がっていたのかもしれません。
師戸城から臼井城へは「渡し」がかけられていて、行き来が可能だったようです。
それだけ、水に近い位置にあったということだと思います。

castle-moroto-02
現在は公園として整備されていて、こんな感じになっている。
整備されているんだけど、公園を歩いているとああぁ…城だったよね昔はって思うような作りをしていて非常に興味深い。
天守とかもいいけど、城は土塁と地勢だよね!みたいに考えている変態は行ってみると楽しいと思いますよ!←

castle-moroto-03
三の丸跡は結構広くて現在は運動場みたいになっていました。
行った日はちょうど野球してた。あと、犬を連れてフリスビーの練習してる人とか。

写真奥の方、木が植えられていて若干土も高くなってますね?
あそこが三の丸の端で、あの下には空堀があります。その向こうに道があるので進軍してくる敵を弓で迎え撃ったりしたのかもしれません。

師戸城の面影

castle-moroto-04
二の丸には印旛沼を見渡す展望台(台といってもただの開けた場所である。デッキがあるわけでもなんでもなかった)があります。
三の丸より若干狭いかな?という感じの二の丸ですが、公園としては綺麗に整備されていて春先であれば花もたくさん咲いて綺麗なのだと思います。城の面影としては、三の丸から二の丸に入る際に越える空堀が見もの。
この規模のお城にしては比較的堀が大きいような気がします。

castle-moroto-05
城址としての地図もありました。
三の丸、二の丸、本丸とそれぞれが空堀で区切られていることがよくわかります。
このお城の特徴は、現在は駐車場とちびっこ広場になっているところに、道場台という区画があること。
三の丸に入る前にはこの場所で的と一戦交えることができたのかもしれません。それなりに広い区画です。

castle-moroto-06
三の丸、二の丸を隔てている空堀。
城址としては小さくて、歩いて15分程度で一周できるかな?というくらいなんだけど、その規模のお城でこの規模の堀はすごいと思います!
今までいくつか小さな城にいったことがあるけれど、もっとコンパクトな堀だったりすることが多かったように思う。。。

castle-moroto-07
二の丸の堀手前、土塁に上がって下の道を見る。
堀というだけあって、結構な傾斜と高さがありますね…!ひえ〜

本丸は公園となった今は、大してあれこれなさそうだったので今回は行きませんでした。
また行く機会があったら追記したいと思う!

castle-moroto-08
二の丸展望台からの印旛沼の眺め。
気持ちいいけど、ちょっと水辺まで距離がある。
暖かくなったらこの景色を見ながらお弁当食べたりすると楽しそう。
この写真の右手側の盛り上がった土地のあたりだと思うんだけど、あの辺に臼井城がある。

お城って天守以外にも見所がたくさんあるので、興味がある人はぜひ見に行ってみてくださいね!

城跡情報

師戸城跡
住所:〒270-1615 千葉県印西市師戸

気に入ったらシェアをお願いします!