銀座で三重県を味わえる「伊勢物語」で松阪牛バーガーを食べた

松阪牛、おいしいですよね。
今回は銀座で三重県の味わいを楽しめる「伊勢物語」さんで、松阪牛バーガーを食べてきたのでレビューしたいと思います。肉感たっぷりのバーガーにシャキシャキの野菜、デザートまでついて至れり尽くせりなお店でしたよ。

伊勢物語


こちらがそのお店、伊勢物語。
お店の名前の通り、三重県を味わえるようなメニューが置いてあります。
郷土料理というよりは、今風にアレンジをした料理が多そうな雰囲気。
伊勢うどんって書いてあって、そっちも食べてみたいなぁ…と思ったり。
夜はバーにもなるようですね。

場所は東急プラザ銀座の裏手を新橋方向にちょっと進んだところにあります(詳しくは記事末の地図参照)。


半分外みたいなポジションのテーブル席が2つと、店内にカウンター、テーブル席が2つという感じでしょうか。
写真は店内のテーブル席。

ちょっと狭目のお店ですが、バー的にはちょうどよさそうです。
ランチも人気があるのか、近くに勤めているサラリーマンなどが食事をしていました。


店の奥には尾形光琳の燕子花図屏風みたいな壁画が。
似せて作ったんだろうけれど、予想外の出会いにちょっと感動してしまいました。
こういうのがあると、お店への好感度ってぐっと高まりますね。


メニューです。
ここには松阪牛バーガーとは記載されていないようですが、店頭に看板があったので迷わず松阪牛バーガーを注文。
あまり注文する人がいないのか、店員さんがちょっと面食らったような反応をしていました。

「食べたい?」って聞かれたいので満面の笑顔で「食べたいです!」って答えたら、作ってくれました。
バーガーに挟む肉の量は2種類から選べて150gと300gでした。今回は150gを注文します。
バーガー単品ではなくて、スープにサラダ、デザート、ドリンクが付いています。しめて1,600円。
ランチにしては高いですが、松阪牛だし多少はね?と思いながらできあがるのを待ちます。

カウンター席に座っていると、キッチンがガラス越しに見えるので、どんな感じで作っているのか眺めながら待っていました。
徐々に出来上がっていくハンバーガーを見るのは楽しいですね。

松阪牛バーガー


松阪牛バーガーが到着。
写真では分かりづらいかもしえませんが、結構な大きさです。150gにしておいてよかったかも。。
バンズにレタス、トマト、玉ねぎ、松阪牛ハンバーグが入っている模様。

食べてみると濃厚な肉汁がぐっと出てきてかなりおいしい。
単純にハンバーグとしてかなり完成度が高いのでは?と思うのような肉の味わいが楽しめます。
ケチャップとかソースみたいな余計なのは特に入ってなさそうで、松阪牛と野菜の味わいだけで勝負!みたいなバーガーでした。
とはいえ、味に不足があるかと言われるとそんなことはなくどんどん食が進みます。

食べるのが下手なのか、バーガーが大きすぎるのか、途中からハンバーガーとしての形を維持できなくなったので、フォークとナイフを頂いて食べました。
こうした要求にも快く答えてくれる店員さんが優しいなぁと感じるお店でもあります。
結構、待っている間も雑談してくれて、楽しく過ごすことができました。


食事が終わるとデザート。飲み物はアイスティーを注文しました。
濃厚な肉の味わいから一転、やわらかな甘さのシフォンケーキで癒されてホッと一息。上品な余韻の残る食事となりました。

ななうみ
松阪牛を気軽に食べられるお店って、そんなに多くないような気がします。そんな中、銀座という立地にあって気軽に立ち寄れる
こちらのお店は希少な存在だなぁ…と思いました!伊勢うどんやステーキカレーも人気みたいなので、今度はそちらのメニューも注文してみたいですね。

店舗情報

ISE-UDON BAR 伊勢物語
住所: 〒104-0061 東京都中央区銀座6-3-7 AOKI TOWER 1F
電話:03-6264-5721
営業時間:11:30~24:00
定休日:日曜日
駐車場:なし