家庭的でゆったり落ち着く食事処「のっぺ食堂」

eat-noppe-01飲食店にかぎらず、多くのお店がチェーン店で構成されている埼玉県八潮市。そんな中でオアシスとも呼べるような個人経営の食事処を発見しました。
産業道路からちょっと路地を入ったところにある「のっぺ食堂」さん。家庭的で心が落ち着く味付けの料理を出してくれます。沖縄料理もあるみたいでした。

のっぺ食堂とは

埼玉県八潮市、産業道路の洋服の青山さんの裏にある食堂です。
最大席数12席という食堂にしては小規模なこじんまりとしたお店です。
食堂ではあるのですが、一般的に想像するような内装ではなく、カフェ的でおしゃれ感のある作りになっています。

eat-noppe-02
地面に転がっていた看板。
メニューいろいろありますね。生姜焼き食べたいけれど、島ぶどうハンバーグも気になるところ。。。

店内の様子

eat-noppe-03
店内に入るとカフェ的空間でおしゃれです。
他のお客さんを見てみても女性客が結構多かったです。

eat-noppe-04
もはやカフェですね。
ただ、名称が食堂ということになっているので「カフェ的空間でしっかりご飯を食べたい人」にはぴったりのお店ということになるでしょうか。
一応、コーヒーなども注文できるようでした。

eat-noppe-05
おそらく店主の女性がひとりできりもりされているのだと思いますが、女性らしい心配りがお店に現れているみたいです。
今までのいわゆる食堂とはやっぱり雰囲気からして違いますね。

料理

eat-noppe-06
注文してしばらく待っていると、注文した料理が出てきました!
悩んだけれど結局生姜焼きを頼んでしまった。。

生姜焼き、サラダ、おひたし、和物、お新香、味噌汁、ご飯。
これだけの種類とボリュームで950円ならコストパフォーマンスはいいのではないでしょうか。
ごはんは「5ぶつき米(玄米と白米の中間くらいの精米ぐあい)」で、普段なかなか食べる機会がないので嬉しいです。

生姜焼きはしっかりとした味付けで、野菜も一緒に炒められているところからほのかに甘みがあり非常にうまい。
野菜もゴロッとした切り方で、食べごたえがありました。ドレッシングもさっぱりしたものになっていて、生姜焼きと交互に食べても全然しつこくなくうまい。
全体としてどことなく優しい味付けで、ほっと落ち着けるような心地よさがありました。

特に和物は、おからとコーン、人参などがはいっていてすごく落ち着く。。。
おからって好きなんですが普段は自分でおからを調理しよう!ってならないので、こういうのはとても嬉しいですね。

次回は海ぶどうハンバーグも食べにきたいです。

今日の発見、気づき

チェーン店もコストパフォーマンスはいいのですが、なんとなく飽きがあるのでよさ気な個人商店を開拓していきたいですね。
個人的には、のっぺ食堂はかなり気にいりました。料理がうまいだけでなく、カフェ的空間でもあるので余計に落ち着きますね。
店内が狭いので、必要以上にガヤガヤ騒がしくならないのもポイントが高かったです。
「食堂」の概念が結構変わりました。

店舗情報

のっぺ食堂
住所: 〒340-0808 埼玉県八潮市緑町5-30-15
電話:048-998-4936
営業時間:11:30~15:00
定休日:日
駐車場:あり