低価格でうまい焼肉を食べられる「丑年」に行ってきました

八潮駅から歩いて3分ほどのところにある、「丑年」という焼肉屋に行ってきました。左の画像でも伝わるかもしれませんが、かなりうまい肉を提供してくれるお店です。
お酒をがぶがぶ呑んだりしなければ一人5,000円くらいで満足に食べられるのでおすすめ。個人的には今まで行った焼肉屋で結構上位にはいりました。

丑年の外観

eat-ushidoshi-01
八潮駅から歩いて3分ほどのところ。駅前のヤオコーの裏辺りにあります。
ちょっとお店は見つけづらいですが、その分隠れ家っぽくていい感じです。
外観はちょっと入りにくいイカツイ雰囲気ですが、こじんまりしていてなかなか魅力的です。
お店は「A5ランクの肉をリーズナブルに提供」がモットーらしく、肉の質と価格のバランスがかなりいいです。

店内の様子

eat-ushidoshi-02
店内もイカツイ(笑)
壁に描かれた時計も独特でおもしろいです。
肉だけでなく、お店の雰囲気にもこだわりを感じられていいですね。

お客さんはあまり若い人はいなくて20代後半~40代くらいの人がおおかったでしょうか。
あくまで僕が行った時はなので、日によってはぜんぜん違うかもしれません。価格的に20台前半の人は多くはなさそうです。
トイレはイカツクなく利用しやすかったです。

注文した肉たち

eat-ushidoshi-04
肉ではないですけれどサラダ1人前。
ドレッシングが3種類運ばれてきて好みに合わせて使い分けられるようでした。
ピリ辛風のドレッシングを掛けてみた図。うまい。

eat-ushidoshi-05
本日の限定メニュー「常陸牛のロースト」。
西洋わさびの効いた味付けがされており、さっぱりとしていてうまい。
赤身ではあるものの柔らかくて食べやすく、肉の味もしっかりとしていてよかったです。

eat-ushidoshi-06
こちらはカルビ。
しっとりとした脂身が細かく入っていて口に入れるとほろほろとほどけていくような食感でした。うまいぞ。

eat-ushidoshi-07
こちらも限定メニュー(というか入荷した時じゃないと食べられないやつ)の、常陸牛。
しっかりとサシが入っていてかなり細かい。
店員さんから両面5秒ずつ焼いたくらいがちょうどおいしいですよ。と言われたので、そのとおりにして食べてみました。
薄めのカットなので短時間の加熱でもしっかり火が通っているのでしょうが、食べた口当たりとしては生肉の食感に近くかなりうまい。
油が下の上でじわーっと溶けていくのを感じられて、非常にいいですね。

eat-ushidoshi-08
焼いてる時の様子。写真がうまく撮れなくて残念ですが、表面に若干赤身が残っています。
これで問題ない。

eat-ushidoshi-09
レバー。
かつてないほどに厚めにカットされたレバーで、箸で持った感想は今まで食ってたレバーと肉としての密度が違う!ということでしょうか。
見た目よりも結構重く、焼いた後もしっとりとした食感で非常にうまかったです。
ちなみに、レバーが苦手な妻も食べれましたね。
新鮮なレバーはうまくて今までも好きで食べていたんですが、今まで食していたレバーとはちょっと別格でした。

eat-ushidoshi-10
常陸牛のにぎり。
肉の握りってうまいのかなー?魚のほうが良くない?ってずっと思ってましたが、このにぎりはうまい。また食べたい。

eat-ushidoshi-11
どこの部位か忘れた。うまかった。
確かハラミだったような。。。

eat-ushidoshi-12
極上カルビ。
先ほど掲載したカルビよりも厚めにカットされています。
また、サシがより一層細かく、くっきりとしていていい肉です。
食べた感想をいうと、さっき食べたカルビもかなりうまかったけれど、それとは比べられないくらい格別なうまさです。
肉のジューシー感、舌触りのなめらかさ、肉の甘さ、旨味がどれも飛び抜けてうまいです。
こんな一皿でも価格はそんなに高くないという。。。まじか。

今日の発見、気づき

低価格でA5ランクのお肉を提供してくれる丑年。
個人的にはかなり良かったと思います。ビールと日本酒1合瓶も注文して5000円/人しかしなかった。かなり安い。
低価格のお店で3000円とか出すくらいなら、こちらのほうが遥かにいい思いできますね。
気になる焼肉茶漬けなるものはお腹いっぱいで注文出来なかったですし、また来たいですね。

店舗情報

炭火焼肉 丑年
住所: 〒340-0822 埼玉県八潮市大瀬5-2-1 ピーソクワトロ104
電話:048-934-5004
営業時間:17:00~24:00 / (日・祝のみ 12:00~21:00)
定休日:月
駐車場:あり