コミケに参加する時に準備しておくといいものまとめ

今年もコミケまであと1ヶ月を切りましたね。今年も歴戦の猛者に紛れて、コミケ初心者の方々も大勢参加されるのだと思います。
というわけで、コミケに持っていくと便利なグッズ一覧を書いてみましたよ。中には持っていかないと「死ぬ」ものもあるので、確実にチェックしてくださいね。

コミックマーケットとは?

コミケと略称で親しまれるこのイベントは「同人誌即売会」といって、一般の人や作家、企業が作った本やグッズ、CDなどを頒布するイベントです。
同人誌即売会としても、アニメ・漫画・ゲームのイベントとしても、国内屈指の規模で来場者数もかなり多く見どころ盛りだくさんなイベントとなっています。
毎年お盆周辺と年末に3日間ずつ、東京ビックサイトで開催されています。

来場者数と開催時期の影響で、夏はとても暑く、冬はとても寒いという肉体的にはしんどいイベントでもあります。
少しでも快適にコミケを楽しむために、しっかりと準備をして参加しましょう。

イベント前の準備

Comike web catalog

何はともあれ、イベントで回りたいサークルをチェックしておくことが先決です。
事前情報なしで見て回るということももちろんできますが、欲しいものが売切れたり、お金を使い切った後にほしいものを見つけたりすることもしばしば。なので、可能な限り事前にサークルをチェックしておくことをお勧めします。


こんな感じで会場マップとサークルの登録情報を確認することができます。


拡大するとこんな感じ。
画像中央あたりに赤く色のついたサークルがあると思いますが、こんな感じでマップ中に色付きで行きたいところなどをチェックすることができます(ちなみに妻の運営するサークルだったりしますw)。
慣れてない場合は、迷子になることもあると思うので、事前にチェックしておけると安心ですね。

小銭を多めに用意しておく

コミケでの買い物はサークル側が十分なお釣りを用意しているとは限りません。
そのため事前に大きなお金(5000円や10000円)は小銭にしておくとよいでしょう。100円玉や500円玉を多く用意できるとやり取りもスムーズに行うことができます。
中でも、同人誌をたくさんほしい!と思っている人は500円玉を多めに持って行くとよいです。同人誌の頒布価格は500円の場合が多いので多く持っておくとその分スムーズになるでしょう。

ICカードのチャージ

電車で移動する場合、かなり混雑するので事前にICカードにチャージしておくと便利です。
国際展示場正門駅も、国際展示場駅も人でごった返すので券売機で足を止めたくない人はぜひ用意していきましょう。

イベント当日の持ち物を準備

荷物いれ(カバン、バッグ、リュック、紙袋)

荷物いれはいわずもがな重要です。
普段持ち歩いているバッグなどでも構いませんが、本はかさばると結構な重さになるため、それに耐えられるものを用意できるのが最も良いと思います。
カバン、バッグ、リュックなど種類は何でもよいのですが、型崩れしにくい荷物入れを用意しましょう。
せっかく手に入れた本やグッズが家に帰ったらぐしゃぐちゃになっていた…なんてことになると、目も当てられません。

リュックであれば、僕が使っているものが型崩れしにくく、普段使いもしやすくてお勧めです。

街用におすすめ!ノートPCも安心して運べるリュックサック!

2017.05.09

また、もし戦利品が手持ちの容量を超えたときのために折り畳みができる紙袋を用意しておけると便利です。
知り合いの参加者はゆうパックの紙袋をいつも持っていました。耐久力が高く、壊れにくくて便利だそうですよ。

クリアケース、クリアファイル

クリアケースやクリアファイルを持っていればその中に戦利品を入れてしまいましょう。
同人誌だけでなく、ポストカードのような折れやすいグッズも保護することができますよ。
100円均一などで売っているので、1つ2つあると便利です。

小銭入れ

会場ではクレジットカードなどは使えない(コンビニなどを除く)ので、あまり持っていても意味がありません。
なので、イベント用に小銭入れを用意できるとクレジットカードの紛失などを防ぐことができてよいです。
イベントでちょくちょく見かけるのは、100円玉や500円玉を一列に並べて持ち歩けるコインケース。あれ便利そうなんですよね~

こういうやつですね。

もちろん、普段使い(と思われる)財布を持ってきている人もいるので、必ず用意する必要はありません。

モバイルバッテリー

会場でのスマホのバッテリー切れはかなりの死活問題なので、モバイルバッテリーは必ず用意していくようにしましょう。
かなり来場者数が多いため、友人とはぐれる可能性もありますし、列に並んでいるときの暇つぶしに気軽にスマホを使えるようにするためにもあると重宝しますよ。

僕はcheeroというものを使っているのですが、最近だとデザインがダンボーになっていてかわいいのでお勧めです。
バッテリーの容量的には十分で、大体3~5回くらいスマホを充電できます(スマホによって違います)。

かわいいでしょ!

タオル

日差し除け、汗拭きと活躍シーンの多いタオル。特に夏場は必ず持って行くようにしましょう。
特にコスプレの撮影に行く人は、日差し除けとしても機能するのであると便利です。荷物に余裕があるようなら2枚くらい持って行けるとベターかもしれませんね。

携帯食料

疲れや暑さからあまり食欲がわかない場合もありますが、軽く食べられる携帯食料を持って行くようにしましょう。
会場で飲食物の販売はありますが、どこも混んでいるので食事を取りたい時に取れないケースが結構あります。
持って行くものとしては、ウィダーインゼリーなんかが水分もあってよいと思いますが、基本的には立ちながらでもこぼさず食べられるようなタイプのものがよいと思います。

夏場は熱中症対策として、塩気のあるアメなども用意できるとよさそうですね。

飲み物

飲み物は自販機やショップで購入することはもちろんできますが、1本2本くらいは持って行きましょう。
会場では飲み物がガンガン売れるので、冷たくないこともありますし、飲みたいと思ったタイミングで飲めるものが手元にあるのはかなり助かりますよ。列に並んでいるときにカラカラのカッスカスになったらつらいですしね。。
取り回ししやすい500mlのペットボトルがお勧めです(空になったらゴミとして捨てられますし)。

雨具

天候が悪くなった時のため、雨具を用意しておけるとよいです。
折りたたみ傘でもよいですが、100均で売っているレインコートなどを用意できると手がふさがらなくて便利です。

折りたたみ椅子

会場の椅子はほぼ確実に他の誰かが座っているので、地べたに座りたくない人は折り畳みの椅子を持って行きましょう。
最近だとかなり軽量の椅子があるようなので、こういうのを用意できると便利かもしれませんね。
折りたたむと棒状になって、場所も取らなそうです。

扇子(夏)

夏場は扇子を持っていると便利ですね。
いらないときは折りたためますし、場所も取らないので身軽に動けるのがよいです。
その他、場合によってはうちわを配っていたり、頒布物の中にうちわがあるケースもありますね。

ネッククーラー(夏)

水でぬらす必要はありますが、このアイテムは首が冷やされるのでかなり冷感があります。
夏場はなんと言っても熱中症が怖いので、こういったアイテムを用意できると快適になりますね。

ホッカイロ(冬)

冬場はホッカイロがあるといいですね。
外で待機しているときや、列に並んでいて動かないときは冷えるので少量でも持っておくと暖を取れるので安心しますよ。
会場が海の近くということもあって、冬場はホッカイロ云々の前にちょっと厚着していくくらいがお勧めです。

空調服(上級者向け)

このアイテムはかなり、かなり上級者向けな気がしますが、一応紹介。
会場でもたまに見かけることがあるのですが、扇風機的なファンがついた服で、常に風を感じることのできる一品です。
僕は使ったことがないのですが、単純に外でも常に扇風機に当たっていると思えばかなり涼しさがあるんじゃないかなと予想しています。

ななうみ
さて、コミケに参加するとき便利なアイテムをいくつか紹介してみましたがいかがだったでしょうか。熱中症や寒すぎに気を付けて楽しくコミケに参加できるといいですね!