フェチにはたまらない!ふとももだらけの写真展に行ってきた

event-futomomo僕たちは、卒業してから本当に大切なものに気づくのかもしれない…今日は、そんなことを考えさせてくれるようなイベント「曖昧☆ふともも写真館」に行ってきました。
このイベントに出る前から、ゲームとかアニメを通して学生時代を悔やんでいる僕ですが、今回のイベントでさらに学生時代に思いを馳せるようになりました。

曖昧☆ふともも写真館とは

ふとももに魅せられたゆりあ氏が撮影したふともも写真を200点以上展示している写真展です。
会場は浅草橋駅から少し歩いたところにあるTODAYS GALLERY STUDIO
ふとももの魅力を余すところなく詰め込んだ、と言っても過言ではないほどのクオリティとシチュエーションでとても楽しませてくれます。

きれいなふともも作品がところ狭しと並べられていて、作者の熱意を感じずに入られません。
制服、私服、スク水といろいろな服装で、森のなか、教室、プールサイドといろいろな場所で撮影されたふともも作品を見ることができます。
フェチの方はぜひ行って見てほしい。

出展:曖昧☆ふともも写真館

ゆりあ氏が展示会に来場している時であれば、女性限定でふとももを撮影してくれるようですよ!

フェチ系イベント初参加の感想

フェチ系のイベントは初めての参加なので入場するまで結構ドキドキでした(2次元だったらともかく3次元は緊張しますね…!)。
中に入ってみると比較的明るい展示室で、フェチ系の写真がどーんと掲載されていますが、同じ場所に来ている人は同じような趣味の人なので人の目も全然気にならなかったです。そのおかげか落ち着いて作品を楽しむことができました。

会場はそんなに広くないので、わりとすぐに見終わってしまいます。
ですが、僕が滞在している間にも続々と入館者が来場していました。ふとももの力すごいですね。

会場の男女比率

実は今回は妻を連れて行きました。
そこで気になったのが会場の男女比率。
結果からいえば、圧倒的に男性多数でした。けど、僕たちが入館した時には先着で女性のかたが1名いました。よかった…!

とはいえ、必ずしも女性がいるとは限らないので周辺が男性だけなのはイヤだなーという女性は、誰かと一緒に行くことをおすすめします。
好きなものを見に行くのに周りの目なんて関係ないぜ!っていう人は全然一人でも入れると思います。至って健全な空間です。

毎日先着100名には特典がある

先着100名には毎日特典があるようです。
毎日同じ特典かはわからないですが、僕はポストカード(ふともも)を頂きました。

13時30分頃に入館しましたが、その後に来たお客さんで100名分はなくなってしまったようでした。
絶対欲しい人は午前中に行くことをおすすめします。

TODAYS GALLERY STUDIO

半年前くらいからこの場所の存在を知っていたのですが訪れたのは今日が初めてでした。
TGSは2014年の7月にオープンしてちょうど1周年くらいの時期だったようです。
以前から面白い企画をやっているところだなーと思ってはいたのですが行かずじまいだったんですよね。今回行けて本当に良かった…!
詳しい場所とかは下の方に書いておきますので、気になる方はみてみてください。

近々だと筆ペンとかで美文字を目指す講座とかもやるみたいで、参加したいなーと思っています。
結婚式とかで直筆のサインが汚いので、恥ずかしいんですよね…(汗)

フェチなものから一般向けのイベントまで、色々とこなしているスタジオなのでこれからも注目していきたい。

今日の発見、気づき

ふとももはやっぱりいいものですね…!心が洗われるようでした。
TGSは1日20000円から借りたりできるようなので、今後何かしたいときには使ってみるのもアリかもしれません。

イベント情報

曖昧☆ふともも写真館
住所: 〒111-0053 東京都台東区浅草橋 5-27-6 R-rooms 5階
電話:03-5809-3917
営業時間:11:00 ~ 19:00
開催日:2015年7月3日(金) ~ 7月12日(日)
入場料:500円
駐車場:なし

ふともも写真館 オリジナル版
月刊デジタルファクトリー (2015-05-08)
売り上げランキング: 1,478
ふともも写真館 制服写真部
一迅社 (2015-01-29)
売り上げランキング: 1,514