物語を追体験できる!アルスラーン戦記×無双の感想

product-alsranアニメが終了してしまったので、悲しみに暮れていたところアルスラーン戦記×無双が発売したので早速買ってきてプレイしています。
正直、ワンピース無双とかただのクソゲーだったのでこういうコラボ系の無双を買うのは不安もあったのですが、今のところ存分に楽しんでいます。

PS3版を買った

product-alsran
ざっと確認したところ、PS3とPS4、VITAで大きな違いはなさそうだったのでPS3版を購入しました(うちPS4ないので。。)。
無双シリーズは遊び始めて早くも13年くらい立っているので、もはや説明書は見ないでスタートです。
今回はゲームを開始するとチュートリアルみたいなのが最初に始まりました(アニメ1話のヴァフリーズとアルスラーンの訓練)。
この訓練とアトロパテネの戦いを通してチュートリアル、その後に本編みたいな感じです。
チュートリアルからすでに追体験が始まっていて、この辺りはすんなり受け入れることができたのは良かった。

物語に忠実に進んでいく

アニメの話の展開に比較的忠実に進んでいくので、アニメを見ていない人でも楽しめるかと思います(極論、話全くわからなくても楽しめると思う)。
アニメを見た人も物語を追体験できるので、2クール分をまとめて振り返ることができるのはおもしろいかなーと思います。
また、今回は戦国無双Chronicleの仕様とは異なるものの、ステージ中で操作キャラクターが変更されます。
アトロパテネを例に取るとアルスラーンで戦闘開始、前線の味方が穴に落ちてカーラーンと接触すると操作キャラクターがダリューンに変更される。という感じ。
一つのステージでそれぞれの立ち位置からの物語を経験できるのはおもしろいですね。アニメでは体験できなかったことだと思います。
一つ一つのやり取りや物語にしっかりと愛を感じられる作りになっていて、想像以上にちゃんとアルスラーン戦記になっています。

無双らしさもちゃんとある

とはいえゲーム性どうなの?というと、ちゃんと無双らしいゲームになっています。
ワンピース無双みたいな無双にもとめてねーよこんなもん!みたいな仕様はありません(船から船に移動するタイミングゲームみたいな仕様があったんです。。あれは本当嫌だった。。。)。
そういう意味では、本来の無双らしさがしっかりとありつつ、アルスラーンらしさもあって完成度は結構高いんじゃないでしょうか。
無双シリーズは軍vs軍がメインで作られている(最初の格ゲーは置いておく)ので、アルスラーンは無双らしさを出しやすい作品だったと思います。

ひとつだけ、無双すぎるなーと思ったことといえばゲームを始める前にオープニングムービーが例のごとく流れるんですが、これは完全に無双でしたね。
無双でした。アルスラーンではなかった。迫力ある演出を求めた結果なので仕方ないことですが。

ヒルメスとかザンデも使える!

今さっき知ったんですが、公式HPに行くとヒルメスとザンデのプレイムービーもあったので彼らも使えるのでしょう。
まだまだやりこんでるって言うほどやり込めていないので、僕のデータではキャラクターの開放すらできてませんが、枠は空いていたのでそこに出現するのかなと思います。
というか、ストーリーも割としっかり作られているのでまだ終わってません(汗)

本編以外の外伝もある

アニメ本編とは異なるシナリオ?異なる視点のステージも用意されているようです。
公式HPで公開されているもので行けば【連合軍翻弄戦】【エクバターナ鎮圧戦】【ザーブル城制圧戦】がある様子。
他にも多数の外伝シナリオとあるので、条件を満たして開放なのかDLCで用意されているのかといった感じでしょうか。
いずれにしても楽しみが他に用意されているというのは、追体験だけだとちょっと物足りないなって人にとっては嬉しいかなと思います。

今日の発見、気づき

アルスラーン戦記×無双は作品の良さと無双の良さをちゃんと両立出来ているので、いいゲームになっているんじゃないかなと思いました。
こうした作品を無双で遊ぶことができるのは、個人的にはすごく嬉しいですね。無双は長年遊んでいるゲームなので言葉にできない感慨もあります。
気になるのはゲーム本編でどこまでのストーリーをやるのか、ということですがアニメでやったところまでかな?そこまでは行って欲しいですね。

アルスラーン戦記×無双
アルスラーン戦記×無双

posted with amazlet at 15.10.07
コーエーテクモゲームス (2015-10-01)
売り上げランキング: 202

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA