超シンプルで楽しい!「どうぶつしょうぎ」が楽しくてオススメ!

動物好きのみなさんこんにちは。ななうみです。
2016年の暮に、東京ビックサイトで行われたゲームマーケットというものに一般参加してきました。そこで手に入れた「どうぶつしょうぎ」というゲームが、超!おもしろかったので紹介したいと思います。
僕、将棋は苦手なんですけれど、程よい難易度で楽しめました♪

将棋の敷居を大幅に下げた「どうぶつしょうぎ」

どうぶつしょうぎパッケージ
どうぶつしょうぎのパッケージです。
パッケージめちゃくちゃかわいい。子供や女性も親しみを持てるデザインになっています。
遊びやすいように駒が大きく作られているので、パッケージ自体はちょっと大きめになっています。

どうぶつしょうぎ内容物
中身はこんな感じで、説明書と将棋盤と駒。
駒には動物のイラストが描かれていて親しみやすいです。

使う駒は「ライオン(王)」「ゾウ(角)」「キリン(飛)」「ひよこ(歩)」の4つだけです。
しかも、すべての駒が1マスずつしか動けないので、より分かりやすいという。
この限られた少ない駒で将棋をやるので、難易度もやさしめで将棋初心者でもすぐに楽しむことができますよ~

対象年齢は4歳から。
一度に遊べる人数は2人で、約5分~10分で1ゲームが終了します。
隙間時間に遊んだり、旅行の時にちょっと出してみたり。お酒飲みながらだらだら遊んだりと、いろんなシーンに合わせて遊べますね。
小さな子供と遊ぶことももちろんできますよ。

どうぶつしょうぎ「にわとり」に成
駒の大きさはこんな感じです。
将棋にしてはかなり大きなコマですが、小さな子供が間違って口に入れたりできない大きさになっていて、素晴らしいデザインです。
木の触り心地が気持ちいい。

駒のシールには動物のイラストと、丸い印がついています。
この丸い印のついている方向に1マス動くことができますよ。
写真のひよこは前に1マス移動できる。ということですね。

どうぶつしょうぎ「ひよこ」
ライオン、ゾウ、キリンは裏返って成ることはないのですが、ひよこだけ相手の一番奥のマスまで移動したときに裏返ってニワトリに成ることができます。
本当、将棋の重要なポイントだけを最小限の駒数で作り上げた。というゲームになっている感じですね。

余談ですが、どうぶつしょうぎを買った理由とか

最初にも書いた通り、僕は将棋に苦手意識があって、今まで何度か遊んだことはあるもののあまり楽しめませんでした。
ゲームマーケットに行った時も、最初は買うつもりはなかったんですがすぐにルールを理解できそうだったので、テストプレイをしてみたところむちゃくちゃおもしろかったんですね。
駒数が少ないので、考えることも少なくて済む。というのが遊びやすさに直結してたなぁ。という印象でした。

遊びやすいといってもテストプレイ時は、大の大人が2人でうーんうーんとうなりながら遊んでいました(笑)
大人同士で遊ぶ場合でも、十分に楽しめるゲームだと思いますよ。
売り場の人の話では親子で遊んでいる人でも、親の方が真剣になってしまうケースもままあるんだとか。
よかったら手に取って遊んでみてくださいね!

購入はこちらから!

難易度が少し上がった版もあるよ…!
ルールはゴロゴロ将棋と一緒らしいです。本将棋よりはやさしい難易度。

さらにさらに…!
こんなバリエーションまで!ルールは本将棋と一緒ですが、やっぱり駒がかわいいです!

旅行などの出先であそびたいときは、コンパクトなこちら!

気に入ったらシェアをお願いします!