信長の野望 創造WPKが面白すぎてやめられない

game-nobunaga-souzou-01信長の野望ってこんなに面白かったっけ。。。と思うような出来栄えの最新作「信長の野望 創造 with PK(パワーアップキット)」。
信長の野望でこんなにずっと遊んでるのはこの作品が初めてだと思います。無印(パワーアップキットじゃないやつ)が2013年の12月に発売されたので、そこから数えるともう1年半くらい飽きることなくプレイし続けてますね。

信長の野望・創造 戦国立志伝の事前情報をまとめました!
発売直前!信長の野望・創造 戦国立志伝の事前情報まとめ

おすすめのプレイ大名を紹介する記事を作りました。
信長の野望 創造WPKのおすすめプレイ大名&シナリオ

創造wpkと創造・戦国立志伝の比較記事を作りました。
信長の野望・創造wpkと戦国立志伝はどちらを買うべきか?

なにが面白いのか

まずは下の画像を見てみてほしい。
game-nobunaga-souzou-02
関東民なら気づく人もいると思うけれど、「え?ここ拠点なの?」っていう場所にも城があるのが面白い。
河越や江戸、国府台なんかは比較的知名度がある方だと思うけれど、房総半島の太平洋側にある万喜城なんか知っている人ほとんどいないんじゃないかと思います。
僕は城好きではあるけれど特段詳しいわけではないので、このゲーム上の拠点をみて城あったのかな?とか調べたりと、ゲーム以外にも楽しみが派生しているのでなおのこと面白く感じているのかもしれない。
ちなみに、城は初期にある物以外にも自分で築城することができる。
この画像の中だと、守谷城なんかは築城した城のはず。。北条と戦うために築いたのだ。(画像では真田でプレイしている)

内政がいい感じに細かい

内政が細かいのが好きなので、その点も気に入っている。
おそらくだけれど、毛色は違うが箱庭を育てるようなゲームを好きな人は気にいるんじゃないかなと思う。そういう意味では信長の野望 天下創世もよかったのだけれど。
細かすぎず、でもやっている感が味わえるようなちょうどいいボリュームの内政になっているので気楽に楽しめるところもポイントが高いと思います。

戦争が面倒くさくないのと数が比較的モノを言う

無印と比べるとWPKの戦争はちょっとリアルではなくなってしまったのだけれど、それでも兵力がものを言うと言うのは共通して言えること。
同じコーエーテクモから出ている無双シリーズのように無双ができないのは、リアルでいいですね。と言っても、戦争ではなく戦闘を直接操作するとかなりプレイヤーに有利になったりするけれど。
僕は基本的には戦闘を直接触らず、戦争(軍のコマを移動させる)だけで操作するようにしている。

細かな魅力はこれらを見てみてほしい

【感想/レビュー】PS4『信長の野望 創造 with PK(パワーアップキット)』レビュー!新たな遊び方も出来るようになった本作、アップデートでのさらなる機能追加も熱い!

信長の野望 創造PKの評価をしてみる

信長の野望・創造 パワーアップキット 感想&レビュー:良くなってるが残念な部分も多し

どの記事も、良い点悪い点はあるものの総評としてポジティブな感想になっている。
コーエーテクモの戦略シミュレーションはリリースするごとに酷評が増えていくのが通例なのに、結構珍しい。


これなんかも面白い。

ずーっと遊んでる

1年半の間、割りと途切れることなくコンスタントに遊んでいると思います。
多分もう何回もクリアしているんだけれど
織田→豊臣→伊達→最上→上杉→宇喜多→徳川→武田→北条→長宗我部→島津→足利→今川→毛利→里見→尼子→黒田→三好→浅井→真田→佐野→石田
といったくらいに、記憶にある中だけでもこのくらいクリアしては別の勢力で遊び始めて…というのを繰り返している。かなり楽しい。

今日の発見、気づき

信長の野望の最新作、かなり楽しいです。遅めのレビューというかただの紹介みたいな記事になりましたが良かったら遊んでみてください。
steamからダウンロード購入するのが楽でオススメ。パッケージほしかったりパソコン以外で購入したい場合はamazonもいいかもしれません。
2015年12月にコーエーテクモの公式サイトで価格改定したらしく、ダウンロード版が半額程度の価格で購入できるようです。
この際にぜひ!詳しくはGAMECITYでご確認ください。

信長の野望・創造 with パワーアップキット [オンラインコード]
コーエーテクモゲームス (2014-12-11)
売り上げランキング: 1,587

気に入ったらシェアをお願いします!