【戦国立志伝】大宝寺義増プレイレポート(中編)

超弱小大名「大宝寺義増」でのプレイレポート第2弾になります。
前回は兵力400からスタートし、東北地方北部+蝦夷を手中に治めるまでに勢力を伸ばしました。今回はその続きから。元主家の伊達家と蘆名家との戦いとなります。
最初から読みたい方は「【戦国立志伝】大宝寺義増プレイレポート(前編)」からどうぞ。

大宝寺家vs伊達家
伊達家との同盟中は内政に力を入れつつ空白地帯の土地に、いくつか支城を築いたりしていました。こうした対処をしておかないと、将来的に北条家と相対したときに兵力が足りなくなるだろう…と思われるからです。
伊達家との同盟が切れてからは即座に攻め込んで…

大宝寺家によって伊達家が滅亡
無事に滅ぼしました。ありがとう元主家。あなたたちのおかげで弱小勢力時に生き延びることができました。

蘆名を攻略できれば東北統一
というわけで勢力図はこんな感じ。蘆名家を攻略すれば東北地方は完全統一したことになります。

全勢力兵力図
兵力も先ほど確認したときの倍くらいになりました。
でもまだ北条家とは倍くらいの差がありますね…怖いなぁ…。
そして織田家の成長がやばい。早く中央に攻め入らないと手が付けられなくなりそうです。

大宝寺家vs蘆名家
続いて蘆名家との戦闘。

蘆名家を制圧完了
圧倒的兵力で即座にひねりつぶしました。
ありがとう元主家。あなたたちのおかげで(以下略

次の標的は上杉家
次の標的は上杉家です。
畠山家、武田家、北条家とは同盟を結んでいます。蘆名、伊達、南部を倒したおかげで武将も少しマシな状態になってきていますが、それでも上杉謙信は怖いなぁ…という感じがあります。

上杉家を制圧完了
と思いきや、さくっと倒せました。
やはり数の暴力には抗えないのか…。

大宝寺家支配地域
蘆名、上杉を倒したことで支配地域はかなり広がりました。
兵力的には畠山家か武田家を手にかけたいところですが、戦線が伸びすぎてしまうので北条を狙うことにしたいと思います。
その間、織田が勢力を拡大しすぎないように、織田家と織田家周辺の勢力もこみこみで対北条の連合に組み込みます。

大宝寺家vs北条家
塩生城、大田原城に向けて大量の兵を差し向けます。
北条家もかなりの兵力で抵抗してきたため、1年くらい拮抗していたのですが徐々にこちらに軍配が上がり始めました。

関東制圧戦
一度軍配が傾くと堰を切ったように関東になだれ込むことができました。

大宝寺家によって北条家が滅亡
無事に攻略完了。なんだかんだで完全に北条家を倒しきるまで4年くらいかかりました。

関東全土をほぼ手中に
もはや覇者として君臨することが確定したような勢力図です。

全勢力中でも1位の兵力になった
兵力も2位の織田家と大きく差をつけて1位になりました。
この兵力に武田家と畠山家の兵力が加わって、織田家とことを構えられる想定になります。

つづき「【戦国立志伝】大宝寺義増プレイレポート(後編)

ななうみ
元主家の伊達家・蘆名家を倒して何とか北条も下すことができました。北条は優秀な武将が多いのでかなり助かりますね~あと一息で天下統一なのでがんばって邁進していきたいですね。
織田家が東西に勢力を広げて抵抗が激しくなるようなことがないといいなぁ…。