【戦国立志伝】織田信雄 プレイレポート(前編)

信長の野望好きのみなさんこんにちは。ななうみです。
今まで散々信長の野望 創造 戦国立志伝を遊んできたのですが、プレイレポートってやったことなかったなということで、書いてみたいと思います!
今回は織田信長の次男、織田信雄でプレイ。本能寺の変で織田家が分裂したところからのスタートです。

清州織田家の初期勢力図
清須織田家の大名、織田信雄でプレイスタートです。
信雄はこの時、甲賀あたりまで進軍していたので、初期所在地は松ヶ崎になっています。
周辺勢力を見てみると、徳川・明智・柴田・羽柴が強い、、周辺の細かな勢力を潰していきながら兵力を蓄えるのが必要そうですなぁ。。

筒井家滅亡時の勢力図
とりあえず1ヶ月目から筒井家に侵攻開始。
周辺勢力は雑賀と明智以外は全て同盟されていたので、難なく落城させることができました。
清須織田家ねー限りなく雑魚ばっかりなんですよ。武将。
強くて九鬼さんくらいしかいないんですよね。

筒井を滅亡させたことで、島左近を家臣に加えることができました。やったね。

明智の佐和山城攻略
筒井家と戦った後、兵力を回復していると明智が岐阜織田家、羽柴家、柴田家、蒲生家の4家と一斉に戦争を始めました。
明智の戦力が消耗したところをついて大垣、佐和山、安土を攻略。周辺勢力も版図を拡大させてる中で、出遅れることなく領地を広げることができてよかった。

明智家の滅亡
明智家にも無事にとどめをさすことができました。これで数ヶ月後には明智光秀が配下に加わるぞ〜!!
配下の武将が相変わらず弱いので、明智の武将を手に入れられたのは大きいですな。
今回のプレイでは、特殊武将を登場させているので、源頼光や渡辺綱も配下に入りました。これで、羽柴や徳川とも戦える武将が手に入りました。よしよし。

岐阜織田家の滅亡
明智との戦いで疲れきってる岐阜織田家も滅ぼした。
西は岸和田、東は深志まで勢力が広がっていたので、ちょっと面倒だった。
拠点は点々としていたので、苦戦はしなかったけれども。なんでこんな勢力の広げ方をしたんだろう…。

明智家滅亡時の勢力図
明智家、岐阜織田家が滅亡した時の勢力図。
二条御所は宇喜多が落としていたので、そのうちもらう受けよう。
他の小勢力は服従させたり、余剰戦力で滅ぼしたりしながら羽柴、柴田、徳川とやりあう戦力を整えるかな〜
雑賀がちょっと攻め辛くてどうするか迷うな。。。

二条御所攻略時の勢力図
二条御所を攻略完了。
その間、紀伊での懸念材料だった雑賀は羽柴と戦闘開始。
近江では蒲生と柴田が信雄の領土をまたいで争い始めた。
という情勢になったので、後ろを気にすることなく柴田に攻め入ることができそうなので柴田と戦うことに。
一旦、越前あたりまで切りとれるといいなぁ。

越前攻略時の勢力図
越前と大聖寺を攻略。引き返そうかなと思ったけど、金沢の兵力が消耗していたので侵攻継続することに。
このまま柴田を滅ぼしたいなー。
消耗したところを上杉に突かれたくないので、上杉とは同盟を結んでおきます。

柴田家の宅田城攻略
金沢、富山、七尾と攻略して宅田まで攻めあがりました。
松波と魚津は上杉に切り取られましたが、同盟を結んでおいたのでぶつかることなく譲り合いの精神で柴田領をいただきます。

宅田城陥落で柴田家滅亡
というわけで柴田滅亡。
超時空武将 源頼光と渡辺綱のおかげであまり苦戦しなかったです。
明智にとどめを刺すことができて本当に良かった。。。しばらくすると勝家も配下に加わるので、かなり強化されますな。

柴田家滅亡時の勢力図
柴田攻略中に蒲生、池田をしれっと攻略した。
姉小路、滝川、木曽、十河、森は臣従させました。
ほっといたらそのうち織田家に取り込まれて家臣になるはず。

柴田家滅亡時の勢力データ
現在の勢力データはこんな感じ。
濃尾と近畿東側を抑えてるので人口、兵力ともに抜きんでてます。
ただ、越前~能登の兵力は濃尾に回すにはちょっと遠いので、羽柴と徳川を一緒に相手にするのは厳しそうだなぁ。
一旦、拠点数が少ない徳川を落とそうかな。

というところで、前編はここまで。
かなりスムーズにゲームが進行したので、勢力拡大速度が僕のプレイにしては結構速いなという感じでした!

ななうみ
何気に織田家でプレイするのはそんなに多くないので、新しい発見が多かったですなー。この時期、信雄が何で松ヶ崎からスタートなのか。とか実は知らなかったり。プレイし始めて気になって調べて歴史の知識を深められました。状況は、戦況は当初もっと悪そうだったけれど、何とか順調に拡大できました。後半もこの調子でがんばろー!

次の記事

【戦国立志伝】織田信雄 プレイレポート(後編)

2017.01.29

気に入ったらシェアをお願いします!