歴史秘話ヒストリア「今川義元」

出典:歴史秘話ヒストリア

出典:歴史秘話ヒストリア

本日の歴史秘話ヒストリア面白かったですね。
「師匠、オレは戦国大名になる!“やられ役”今川義元の真実」という見出しで進んだ今川義元の話でした。
刀剣乱舞に関わりのある日本刀もでていたので見ていた人も多いのではないでしょうか。

放送は見出しの通り“やられ役”としてのイメージが強い、今川義元。
しかしその真実は~みたいな感じの構成で進んでいき、義元の半生に触れつつ、有力であったことに触れていました。

僕は歴史が好きで、(詳しいわけではないですが)以前から今川義元の凄さを知っていただけに、若干拍子抜けするような見出しだったのですが、一般的には“やられ役”のイメージが強いのかもしれないと認識を改めることが出来ました。よかったですね。

東海一の弓取りと呼ばれ、足利家の家督相続権もあったとされる今川義元は僕の中では文句なしに当代きっての群雄だったのですが、放送の内容を見ていると様々な紆余曲折を伺うことができ非常に面白かったです。
太原雪斎との師弟関係などは文章で見るものとはまた違った臨場感があり、編集の方向性もあるでしょうが今までの単純に有力であった大名という点から、自分の中で一つ堀下がった人物になったような気がします。
特に5男として生まれてからの家督相続までの期間は、親元を離れて寺に預けられていたということもあり思うところが多かったですし、家督相続後の北条氏との戦での領地減少などは未成熟ゆえの痛手ということで、僕自身に振り返って感じることが多くありました。

番組中に出てきた天下人の刀「義元左文字」は「宗三左文字」とも呼ばれているようですね。
同刀は明暦の大火で被害にあったそうですが、再刃されて現在は建勲神社に安置されているそうです。
見る機会があったら是非一度見てみたいと思います。

ここ1年ほど信長の野望・創造で遊んでいるのですが今川家で遊びたくなってきました。折を見てプレイしたいと思います。

今日の発見、気づき

良かれと思ってやったことが裏目に出ることはままあるので、こうした番組を見て自身を振り返れたので、見つめなおしていきたいですね。
放送の内容については、独自の見解やテーマがあればそれなりに周知されている事実でも、再編集してリリースすることは意味があると感じました。
僕のブログも、大切なことはテーマを置き換えつつ何度でも伝えていきたいです。