ゴム製品の劣化で起きるベタベタを簡単に取り除く方法3選!ワコムのペンタブで試してみたよ。

コミケの原稿やるかーと思ったら、ペンタブのゴム部分がベタベタしてました。ななうみです。
ペンタブに限ったことではないですが、ゴム製品(テレビのリモコンとか、釣りのロッドの持ち手とか)が気づいたらベタベタになっていたことって誰しも経験があるのではないでしょうか?
今回はこのベタベタの除去方法をいくつか紹介してみたいと思います。

ベタつきを解消する方法3選

ベタつきを解消する方法を3つ紹介します!
おそらくこの3つの方法のどれかしらは、みなさんの家にあるもので対処可能なものだと思うので試してみてくださいね。
ちなみに、他にも「消しゴムでこする」とか「ベビーパウダー」を付けるといった方法もあったのですが、表面が白っぽくなったり手触りが変わる可能性があるなど、デメリットが大きいのでお勧めしません。

方法1 重曹を溶かした水に浸ける

料理や掃除で活躍する重曹ですが、ベタベタを取るのにも役立ちます!
少量の重曹を溶かしたぬるま湯に半日~1日浸けるだけなので、面倒くささがないのがいいですね。
早く使いたいときや、水に浸けることができないもの(電子機器とか)は、使い古した歯ブラシなどに重曹水を付けてこするのもOKですよ。

方法2 エタノールで拭き取る

エタノールを付けた布やティッシュで拭き取るのも効果的です!
ティッシュだと使って捨てるだけなので楽でいいですね。
エタノールといわれると、普通の家庭にないよ!って思うかもしれませんが、アルコール消毒用のビオレとかがあればそれでOKですよ。

さらに楽に対処したい人は、エタノール付きのウェットティッシュを用意しておきましょう。
必要な枚数出して、使って、捨てるだけ!最高に楽ですね。

方法3 ハンドクリームを塗る

前述2点の方法と比べると、ベタベタを取るというよりもベタつきをなくす。
と言った方が正しいですが、この方法でも対処可能です。
重曹もエタノールもないよ!という人は暫定的にこの方法を試してみてくださいね。

やり方は、指先に乗る量を取って、ベタベタ部分に塗るだけ。
縦に、横にいろんな方向からクリームを刷り込ませるように塗ってみてくださいね。
塗り切ったら乾いた布で余分なクリームを拭き取って完了です。

ハンドクリームで対処してみた

ゴム部分がベタベタになったペンタブ
はい、問題の僕のペンタブです。
写真がボケちゃってますが、ペンの上の方がベタベタになってるんですよね。

ベタベタのゴム部分にハンドクリームを塗る
ハンドクリームを少量取り出してべちゃっとつけます。
まんべんなく塗り込んでいきます。
ちょっとしつこいくらいに塗り込んでいきました。

ベタベタが抑えられきれいになりました
余分なクリームを拭き取ると、こんな感じに!
結構きれいになりましたね!手触りもベタベタではなくなりました。よかった~

ベタベタにならないようにする方法

ゴムがベタつきは劣化による「加水分解」が原因

そもそも、ベタベタにならない方法があれば、事前に対処しておきたいですよね。
というわけで、まずはなぜベタベタになるのか?を理解しておきましょう。

このベタベタの原因になっているのは「加水分解」という科学反応です。
wikipediaさんを見てみましょう。

加水分解(かすいぶんかい、hydrolysis)とは、反応物に水が反応し、分解生成物が得られる反応のことである。このとき水分子 (H2O) は、生成物の上で H(プロトン成分)と OH(水酸化物成分)とに分割して取り込まれる。反応形式に従った分類により、加水分解にはいろいろな種類の反応が含まれる。
出典:wikipedia

なるほど…わからん。
超ざっくりな理解だと、ゴムが水に反応して分解してしまうということでいいのかな。
湿度の高い日本では、この化学反応から逃れるのは困難そうですね。

風通しの良いところで保管する

湿度の高いところだと、そのまま加水分解が進んでしまいそうですね。
風通しのいいところに保管して、湿気から遠ざけてあげましょう。
風通しのいいところでの保管が難しい場合は、定期的に空気の入れ替えをしてあげるとよいかなと。

定期的に使用する


スニーカーなどの場合、一度履いてゴムに圧力が加わると加水分解を遅らせることができますよ。
原理はよくわかっていないですが、圧力が加わるとゴムに水分が影響できる余地が少なくなるのかもしれませんね。
ペンタブなども定期的に使ってあげると、手の圧力が加わってよいかなと!

まとめ

ベタベタしたゴム製品はきれいにできる!
重曹のぬるま湯に浸けるのが一番きれいになる。時点でエタノール。
重曹もエタノールもない場合はハンドクリームでベタベタ自体は取れる。
ベタベタにしないために、風通しのいいところに保管して定期的に使う。

って感じですね!
大切なものを長く使い続けられるといいですね!