挑戦することだけが、人生を豊かにするたった1つの方法だと思う

2017年も3.5%が終わろうとしていますね。こんにちは、ななうみです。
去年の後半から、いろいろあってもやっとしていたのですが、ちょっと吐き出したいので書きなぐってみたいと思います。
主題は人生を豊かにする方法なんですが、一言でまとめると「なんでもいいからやってみよう」です。詳しく見たい人だけどうぞ。

クリエイティブな活動

人間は挑戦することで発展してきた

いきなりでかい話で恐縮なのだけれど、挑戦することの意義を伝えたいと思うので、この話をする。

人間が発展してきた背景には、常に未知のものへの挑戦があった。
アフリカで発生したと言われている人類は、未知の土地で暮らすことに挑戦し、世界中に散らばって行ったり。
狩り主体で生産力にばらつきがあった時に、農業に挑戦してある程度一定の生産力を確保したり。
川の氾濫が多数起きていた時代に、堤防を築き制御しようと挑戦した。その結果、川の氾濫は激減して安全な暮らしを送れるようになったり。
例をあげればきりがないのだけれど、星の数ほどある人間の挑戦の結果として、今の僕たちの暮らしは成り立っているのだ。

人間の歴史が挑戦の歴史だとすれば、挑戦するという行為自体、人間にとってはごく自然なことだと理解することができます。

挑戦なき人生に、成長はない

挑戦しないことには、得られるものは何もなく、得られるものがないということは、昨日と同じ今日を繰り返すということだ。
昨日と同じ今日を繰り返す。それを死ぬまで続けると考えてみてほしい。人生は豊かになっているだろうか?
給与も変わらず、生活も変わらず、できることも変わらない。
きっとそれは地獄のようにつまらない人生だと思う。

挑戦の粒度はなんでもいい。自分に未知のことであれば、とりあえずやってみるでいい。それは立派な挑戦だ。
そこで得られた経験や知識は、個人が発展した証明だ。個人が発展したということは、成長したということだ。

知らない人と会話する。未知の価値観に触れる。
作ったことのない料理を作る。未知の食材に触れる。
読んだことのない本を読む。未知の世界に触れる。
こんな些細なことでも、人間は何かを吸収し、成長していく。
成長したということは、挑戦できたという証左だ。

成長しなければ、待っているのは緩やかな死

自分は成長しなくてもいい。挑戦しなくてもいい。
今のままの生活を、今のように送り続けられればいい。
そう考える人も、中にはいるだろう。
だがそれは叶わない。
なぜなら、自分以外の人間は挑戦し、成長しているからだ。

成長した人達が作った世界で、未成長でいることは死を意味する。
仕事は減り(最悪なくなる)、単価が安くなる。今の生活をそのまま続けることは困難になるだろう。
挑戦を積み重ねて成長していれば、多くの経験と知識と価値観から、広い視野を持つことができるだろう。
そうなっていなければ、時代に取り残されてしまうかもしれない。

挑戦=賭け。ではない

挑戦というと、人生をかけて何かをするとか、今の職を捨てて新たな価値を創造するとか。
すごいことをやる人になろう!みたいに受け取る人もいるかもしれないが、それは間違いだ。
自分にとって未知のことであれば、それは少なくとも自分にとっては挑戦なのだ。だから、やることはスモールでいい。

その積み重ねを怠らなければ、知識と経験はちゃんと増えていく。
そうして手に入れた知識や経験は、活かす機会がある時には積極的に使っていけばいい。
そうすることで、あなたは誰かの役に立つ人間でいられる。大切にされる。
大切にされるということは、人生を豊かにするのに必ず必要なことだ(金銭的にも、精神的にもだ)。

失敗から得られることを大切にする

挑戦すれば、失敗することもあるだろう。
リスクの大きさは管理する必要があるが、失敗そのものは恐れることはない。
むしろ、失敗せずにずっと同じ場所で足踏みをしているよりは、ずっと前に進んでいる。
失敗したのはなぜか?経験と知識を得ることで、成長するからだ。

成長したら、同じその失敗を踏まないようにする。
これだけで、次の挑戦の成功確率は上がっているはずだ。
失敗は前進しているということだ。胸を張って良いことなのだ。

挑戦するということ

やりたいなぁ。と思ったことはやった方がいい(リスクは管理すること)。
いつかやるよ。は、多分やれない。
やれないということは、その面では成長しないということだ。

小さく挑戦して、経験と知識を得る。そしてまた次の挑戦をする。それをちゃんと回していけば、いずれ大きな力になっているはずだ。
挑戦して、得られたことを世の中に還元することで、人は豊かになることができる。
還元するものがなければ、対価はもらえない(金銭にしろ、精神的なものにしろ)。
還元するものを自分の中に溜めておくことこそ、挑戦に他ならないと考える。

まとめ

挑戦すると成長できる。
成長すると能力が上がる。知識が広がる。経験が増える。
能力・知識・経験があるほど世の中に還元できることが多くなる。
還元することが多ければ、自分に返ってくるものも多くなる。
こうした循環が人間を豊かにする。

挑戦は小さく。小さければ失敗も小さい。