投資と消費と浪費。支出の3パターンを考える

life-use-money友人や知人が貯金けっこうたまったよーとか言っている側で、家を購入して貯金どころか借金を抱えているななうみです。こんばんわ。
今日は投資と消費と浪費という3種類のお金の使い方について考えてみます。

投資と消費と浪費、それぞれの違い

投資と消費と浪費、それぞれの違いをご存知でしょうか。
お金の運用などをちょっと調べればこれらの違いはすぐに出てくるのですが、調べていなかったり、意識していないと区別できていないことが多いように思います。
まずはこれらの違いから、見て行きましょう。

投資…資本(本記事ではお金に限定します)を投入して、リターンを得ること。即座に回収しなければならないわけではないが、将来的に回収できる見込みのあるものを指します。
消費…必要なものに対する支出。その中で適正価格である場合が消費にあたります。同じ効果を得られるのに必要以上に高い金額であれば浪費かなと思います。
浪費必要でないものに対する支出。または必要以上に高い金額を支払う場合。

あくまで個人的な見解ですが、こんな感じかなと思います。
ちなみに、お金を増やすためには浪費を減らしていく必要があるのですが、浪費が悪いものというわけではありません。
人間、息抜きをすることも必要ですし、慎ましく生きるだけが全てではないと思います。

区別がつきにくい場合

上記の中でも区別がつきにくい場合は実は結構あります。
その区別つきづらいものが割合多くて「どこでお金を使ったかわからないけどお金がなくなった」状態になる人は意外といるんじゃないでしょうか。

区別がつきにくいものの例としては
・投資のつもりで勉強用の本を買ったんだけれど読んでない。
・豆腐を買おうと思ったら、高い豆腐が気になったので買ってみた。
・価格を見るともっと安いものもあるが、美味しいものを食べたいのでいつも少し高いものを買っている。
・移動用に車を買おうとしたが、せっかくなので奮発してグレードの高いものにした。
とかですかね。僕視点からすると以下のように映ります。

・投資のつもりで勉強用の本を買ったんだけれど読んでない。
 →浪費です。投資のつもりなら読みましょう。知識と経験は早いうちに吸収したほうが良いです。その方が残った時間で有意義な決断、判断ができるようになります。時間が経てば経つほど投資にかけたお金の価値は下がっていきますよ。利用できる期間が減るという意味で。

・豆腐を買おうと思ったら、高い豆腐が気になったので買ってみた。
 →投資、もしくは消費です。高い金額の豆腐がどうであったか、体験を将来に活かせそう(直接お金を生まなくてもOK)なら十分投資です。そうでなければ消費になると思います。人によっては浪費と捉えるかもしれません。

・価格を見るともっと安いものもあるが、美味しいものを食べたいのでいつも少し高いものを買っている。
 →消費です。質素倹約に務める必要はないのです。生活水準は人それぞれですから自分にあったものを選びましょう。ただし、本当に現状にあったものを選んでいるかは振り返るとよいです。いつの間にか余計な支出になっている可能性もあります。

・移動用に車を買おうとしたが、せっかくなので奮発してグレードの高いものにした。
 →浪費です。性能的に低いグレードで十分であればそれ以上のものは浪費になります。しかし、グレードを上げることによって得られるものがある、ということであればこの限りではありません。

という感じで見ています。
この見方は、誰かが決めてくれるわけではなく自分で決定しなければならないと個人的には思います。
人それぞれで立場も、志向も違うのでこうですよーという定義をしても乗れないからです。乗れないなら自分なりの基準を持ったほうがいいです。他人の基準に乗っかったままでは振り回されてしんどくなります。

僕は同人漫画とかも描いているので、漫画は半ば投資ということにしています。
こうして投資の分量が増えていくのです。貯金が増えないわけです。よかったですね。

お金は将来のために使う

お金をどのように増やしていくか、ということについては「働け」の一言で済んでしまうのかもしれません。
ですが、それではあまりにも身も蓋もないので普段思っていることを書いてみます。

お金は将来のために使おう。
今この時は非常に大切ですが、今を大切にするあまり消費と浪費だけでお金がなくなるようでは発展性が低すぎます。
普段の生活から少しずつ何かを得て行くことはできますが、投資をしてきちんと得たものと比較すると微々たるもののように思います。
将来のために多少のお金を使っていくことを心がけましょう。啓発本を買えとかそういう話じゃないですよ。

僕の場合は将来のためにブログをはじめました。
少額ではありますが、このブログもサーバとドメインに資金を投入しています。
結果として、ブログを書くことで色々と覚えられたこともありますし(Google analyticsとか、ライティングとか)、気づくことができたことも多いので有意義な投資だったかなと思っています。

消費と浪費を抑えて投資のお金を増やす

消費と浪費を抑えるのは重要です。
なぜなら、限られた収入の中で、この2つの項目を抑えられないと投資に使えるお金を捻出できないからです。

消費と浪費をなかなか抑えられない場合は、それぞれをスケールしてみると効果的です。
どういうことかというと、職場に行くたびに100円の飲み物を1つ購入するとします。

すると
100円×20日(営業日)=2000円/月
の支出ということになります。
店を選べば軽く飲みに行ける金額ですね。

僕は上記のような考え方をするようになってから、ランニングコストを極力抑えるようにしてきました。
詳しくは別の記事で書いていきたいと思いますが、年計すると結構な差額になります。
大切な事なので、一度振り返ってみるとよいでしょう。オススメです。

貯金することを目的にしない

貯金はあると安心ですが、金利の低い現在では効果的な資産運用の方法とはいえません。
また、貯金を目的にすると貯金を崩すのが怖くなるので投資するタイミングで投資しづらくなるなどの弊害が出そうで僕はあまり好きじゃありません。

お金は使うために存在しているのですから、使ってこそ、その効果を発揮するというものです。
将来的に使いたくて貯金しているのでしょうから、この金額を消費や浪費に回すと危険ですからちゃんと投資に回していきましょう。
銀行にあずけて置くだけでは、お金は死んでいるようなものだと思います。いずれ引き出せるから仮死状態と言った感じでしょうか。

今日の発見、気づき

お金は流動的に動かして投資に回すことでその価値を最大化できる。
消費や浪費を減らすことで投資に回すお金を多くすると、上記とあわせて効果が上がる。
ただし、やりすぎて生活がつまらなくなることは避けましょう。今も未来もどちらも大切です。
そういった意味で、どこからが投資でどこからが浪費なのか、一度振り返ってみると吉ですね。

おまけ

個人的にコストパフォーマンスの良い浪費アイテム。もうかれこれ1年近く遊んでいるが全く飽きる気配がありません。

気に入ったらシェアをお願いします!