本能寺ホテルを見てきたので感想!(ちょいネタバレあり)

戦国時代で一番好きな武将は織田信長です。ななうみです。
本日から公開開始の映画、本能寺ホテルを見てきたので感想を書いて見たいと思います。
事前情報なしで見たので色々と想像と違ったところがあったのですが、個人的には楽しく見ることができましたよ〜

本能寺ホテル

本能寺ホテルのあらすじ

倉本繭子(綾瀬はるか)は、ふとしたきっかけで京都の路地裏に佇むレトロな宿“本能寺ホテル”に宿泊する事に。なんとそこは戦国時代に繋がる不思議なホテルだった。一方、時は1582年。
天下統一を目前に控えていた織田信長(堤真一)は森蘭丸(濱田岳)ら少数の家臣団と共に京都・本能寺に滞在している。冷酷非道なお館様を前に、戦々恐々とした日々を過ごす家臣たち。そんな時、見慣れない格好の女(繭子)が一人、寺に迷い込んでくる。
その女は、400年後の世界からやってきた現代人。繭子は自身も訳のわからぬまま、信長と京都の町を見物するなど、交流を深める中で、次第に信長の人間性に惹かれていく。
やがて繭子は、1582年の迷い込んだその日が「本能寺の変」が起きる前日である事に気づき。
出典:本能寺ホテル

本能寺ホテルの公式サイトには、このようにあらすじが書かれています。
本編では主人公は途中まで「お館様」が織田信長ということに気づかずに話が進みます。
そんな中で信長に対して失礼を働いてしまうことで、物語が大きく動いていくことになります。

本能寺ホテルの見どころ

物語が動き出してからは、現代と戦国時代を行き来しながら、コミカルに、真面目に、テンポよく話が運んでいくのが魅力的です。
飽きることなく、シーンが移り変わっていくので見ていて心地がいい。
現代と戦国時代を行き来している中で、主人公が抱えている問題というか悩みみたいなのが浮き彫りになって行くのですが、時代を超えて問題が解決していくところが人の悩みの普遍性を感じたりして、ジーンときました。

僕の一番好きだったシーンは、今回の映画の核心部分ぽいのでこの記事では触れませんが、初めて映画館で泣いてしまったー
年のせいで涙もろくなっていることもあると思いますが、なんか色々とこみ上げてくるものがありました。

こんな人にオススメ

なんか、やりたいことが見つからないなーという人とか。
なんか、自分には取り柄がないなーという人とか。
なんか、うまく物事が進まないなーなんて感じている人とか。
結構勇気というかパワーをもらえるような作品なので、上記のような人にはオススメかなと思います!