マルちゃんのやみつき屋台湾まぜそば食べてみた感想

product-cup-taiwanmazesoba-01台湾まぜそばを手軽に食べれるということで、コンビニで見つけたカップラーメンを買ってみました。
マルちゃんのやみつき屋台湾まぜそばです。台湾混ぜそばなのに名古屋名物って書いてある謎…さて、その味はいかに!?

台湾まぜそばとは

最近、ちょくちょく耳にするようになった台湾まぜそば。
昔からあったのかもしれませんが、ごく最近まで僕は存在を知りませんでした。台湾料理のお店に行っても台湾そば(中華ラーメン)がおいてあるのみで、まぜそばを置いていた記憶はありません。
ということで、Google先生にその正体を聞いてみたところWikipediaに以下のように説明されていました。

台湾まぜそば(たいわんまぜそば)とは、愛知県名古屋市にて提供されるラーメンの一種である。名古屋めしの一種とされる。

台湾関係無かった!!!
パッケージに名古屋名物って書いてあった謎も解けて一件落着と言いたいところですが、台湾関係ないのに台湾まぜそば…いいんだけど、なんかもやっとする(汗)

この料理が作られる家庭において、台湾そばを作ろうと思ったけど失敗。
捨てようとした具材を茹であがった麺にかけた。ってあるけど、にしても台湾関係ない…
「台湾そば目指して失敗したまぜそば」ってのが正確なところでしょうか。
うまそうだからこの際どうでもいいけど。

粉末スープ、液体スープ、台湾ミンチ

product-cup-taiwanmazesoba-02
さっそく調理開始です。
パッケージを開けると「粉末スープ」「液体スープ」「台湾ミンチ(っていうらしい、今知った)」が入っていました。
説明書見てないけれど、まぜそばだしお湯を捨ててからまぜるんだろうということで、お湯を入れて5分待ちます。
麺の太さからして仕方ないことですが、5分待つのは地味に面倒くさいですね。
何をするにも中途半端な時間というか。。。

味の方は…

product-cup-taiwanmazesoba-03
5分経ってからお湯を切り、粉末スープ、液体スープを入れてまぜます。粉と液体が混ざっていい感じの水分量になりました。
その後、台湾ミンチを上に乗せて完成。
全部一気に混ぜちゃってもよかったんだけれど、この方が雰囲気がでてグッドです。

味は思っていたよりも辛くなく、ずっと食べているとじんわり舌がヒリヒリする程度。
もう少し辛いのを想像していたので、若干物足りなさはあれど万人受けしやすい味なのではないでしょうか。
なにぶん本場の台湾まぜそばを食べたことがないので、そちらと比較することができないのが残念ではありますが、うまかったです。

多分、カップ麺だからだと思うのですが、若干汁気が足りないように感じてもったりしていました。
このあたりはお湯を切り過ぎない、とかで回避できる感じでしょうか。
頻繁にリピートして食べたいかと言われると悩ましいですが、ふとした時に急に食べたくなるようなタイプの味だと思います。
そんなに辛くないので、ぜひ興味のある方は食べてみてください。

今日の発見、気づき

台湾まぜそばを調べていて、台湾関係ないのに台湾と名乗っていることに一抹の不安を覚えました。
なんか、少し前にあった「フレッシュではないのにフレッシュジュース」と名乗るのがいけない。みたいなアレに近い印象。
個人的にはどうでもいいですが、気になる人は気になるかもなぁ。。。
そのうち、本場の台湾まぜそばを食べてみたいですね!