50型以上の4Kディスプレイ(DME-4K50D,DME-4K65D)がDMMから激安で販売!大型液晶テレビとして使おう!

50型オーバーの4Kディスプレイ(DME-4K50D,DME-4K65D)が格安で販売されるぞおおおお!!!こんな商品を待っていたんだ!ななうみです。
DMMが大型ディスプレイ市場に参入!ということで、激安のディスプレイが販売されることとなりましたね!
50型の4Kディスプレイが6万円未満、65型の4Kディスプレイが16万円未満ですよ!!すげーー
早速どんなものか、調べてみたので見てみましょう。

大型4Kディスプレイが手に届く価格で販売開始

DMM.make 大画面4Kディスプレイ
出典:DMM

突如、大型ディスプレイ市場に参入してきたDMMですが、すでに価格面で他を圧倒している状態となっています。
Amazonでさっくりと商品を調べた感じですが、同じくらいの画面サイズの商品だと50型サイズでだいたい9万円~40万円くらいするんですよねぇ。それが、最安値を下回る59,900円で販売というのだから安いですね!
65型だともっと顕著に安くて、30万円~70万円するところが、最安値の半額159,900円という価格になっています。
手が届きやすいですね~ 実は、大きな液晶がほしくて初売りにがんばって並ぼうかな?くらいに思っていたので、かなりうれしいですな!

DMMの液晶ディスプレイ(DME-4K50D,DME-4K65D)の特徴

まず、今回発表されたのは液晶テレビではなく、液晶ディスプレイだという点は確認しておきましょう。
このディスプレイを買ったところで、単体ではテレビは映らない(チューナーが内蔵されてない)ので注意です。
ただ、このご時世、多くの家庭ではチューナー内蔵型のレコーダーを持っているんじゃないかな?と思うので、そういったものに接続してしまえばテレビも見れるし録画もできる!ということになります。

↑こういうやつね。仮にDMMのディスプレイとレコーダーを一緒に買っても他社製品のディスプレイ買うより価格面では安い。なんて事例もあり得そう。

65型「DME-4K65D」
出典:AV watch

実際に画面が移っている例。写真は65型版。

50型「DME-4K50D」
出典:AV watch

こちらは50型版。

2つのサイズのスペック的には、画面のコントラスト比(一番明るいところと暗いところの差)が大きな違いとして挙げられそうでしたが、写真を見比べてみるとぱっと見そんなに大きな差はないように感じます。
同じ映像での比較ではないので、細かな比較はできないのが悔やまれますね。購入前に実物見ないと!という方は、蔦屋家電さんで実機を置いているらしいので見に行ってみてもよいでしょう。
ただ、自分が画面を見たときを想像したとして、どちらのモニターでもきれいだと思って使えるものに仕上がっているように思いますね。

入力端子は
HDMI2.0(HDCP2.2対応) ×4
USB2.0×1
コンポーネント/コンポジット×1

出力端子は
イヤホン(音声出力はほかにちゃんとある模様)
光デジタル

商品の言語も日本語に対応しているので、大きく欠点となりそうな部分はなさそうな印象ですね。

まとめ

スペック的に他のモニターと比べて、大きく見劣りするような点はなかったように思います。
テレビと比較すると、チューナーがないなどの点はありますが、こちらも一般的な家庭では大きな問題にならないでしょう。
DMMからも「無駄をそぎ落として低価格を実現した」とありますし、これからの機器のあり方に準じた機能設計になっているのではないでしょうか。

僕的には、昨今の液晶テレビがハイパー高くて萎えていたので、次に買い替えるときは大型の液晶モニターにしようと思っていたところでこの商品が発表されたので、ニーズにぴったりの商品が出てすげー良かったなと思っています!
多機能のテレビ+多機能のレコーダーを購入して、高い金額を支払うのはちょっとな~と思っている方にはおススメしたい商品ですね。
これからは安価なディスプレイ+多機能なレコーダーを揃えるようになって、それぞれの機器で機能を分担していくのが主流になるかもしれませんよ!

あとから気づいたんだけれど、会社の会議室とかに設置する大型モニターをこのDMMの奴(DME-4K50D,DME-4K65D)にしてもいいかもしれませんね!
僕がお世話になっている会社でも、大型モニターが設置してあって、プロジェクターよりも綺麗で見やすく、いいですよ!

購入はこちらから!