HDMI端子が足りないのでハブを買って試してみました

HDMI端子が足りなくなったので、HDMIハブを購入して試してみました。
結果としては、安価に導入できて設定も必要なしという感じだったので大満足でした。いろんなシーンで使えると思うので、端子が足りないよ〜という人は、試してみてください。

HDMIハブとは?


HDMIハブというのは、簡単に言うとコンセントのタコ足みたいなものです。
HDMIケーブルをたくさん挿せる機械を中継してHDMI端子に接続します。
アイテムとしてはこんな感じのやつ。

HDMIハブを接続してみる


パッケージを開封すると、中身はこんな感じ。
・本体
・ネジ
・センサー
・リモコン
これ以外にもちろん取扱説明書は付いています。

僕は、ブルーレイ録画機とPS4、PS3をテレビに接続したかったのですが、端子が2つしかないテレビだったのでこのハブを購入して対処することになりました。
比較的安価に対応できるのでオススメですが、ハブをテレビと接続するHDMIケーブルは入っていないので注意が必要です。
僕は、この商品が到着してからそれに気づいたので、HDMIケーブルを買い足しました。

こちら。
Amazon謹製のケーブルで、安価に購入できます。
変なメーカーのケーブルを購入するよりは、こちらをオススメしたい。
HDMIって変なの掴むとすぐ映りが悪くなったり、接触不良を起こすんですよね、、、。なもんで、信頼できるメーカーを購入したほうがいいです。僕は、Amazonを深く信頼しているので購入してみました。

HDMIケーブル届いた図。
なんか梱包がアメリカっぽいです。いいですね。


中にはケーブルが2つ。
安価な割に、端子にちゃんとカバーも付いているので安心感がありますね。さすがはAmazonです。

実は、Amazonを見てみると3本セットのHDMIケーブルのほうがなぜか安いのですが、注文してから1〜4ヶ月程度届くまで時間がかかるそうです。
なので、さほど値段が変わらない2本セットを購入しました。こちらはプライムだと翌日には届きます。


さて、いよいよ接続です。
この商品にはハブに入力する箇所が3つ。ハブから出力する箇所が1つあります。
入力するところに、ブルーレイ録画機、PS4、PS3からそれぞれHDMIをつなぎます。
出力するところからはテレビにHDMIを接続します。


あとは、わかりやすい位置にリモコンの操作を感知するセンサーを取り付けて設置は完了。
電源とかは特になくて、HDMIを接続するだけなので簡単ですね。

リモコンはボタンが3つ。
これで、HDMIのどこから読み込んで出力するかを決められます。

この商品のいいところは、リモコンで操作しないと出力が変わらないところ。他の商品を見てみると入力された内容を感知して、自動で表示を切り替えてしまうものもあるのですが、意図しない挙動をすることもあるようです。
意図しない挙動をしてイライラするくらいなら、最初からマニュアル切り替えの方がいいなーと、個人的には思っています。

この商品の悪いところは、リモコンで入力してから反応するまで微妙に時間がかかることですかね。
だいたい体感的には二秒くらい間があります。ここだけ我慢できれば、結構いい買い物かと思います。


ちなみに、この本体は差し込んだだけで使えるのですが、付属しているネジを使うとテレビの裏側に貼り付けることもできます。
特にこの作業はいらないや〜という人は平置きにしても十分機能しますので、用途に合わせて使ってみると良いかと。
テレビの裏に設置すると、省スペースになって個人的には好きでした。

ななうみ
HDMI端子が足りない!というケースがそんなにあるかはわかりませんが、もし同様のケースに陥った場合は参考にしてみてください。

気に入ったらシェアをお願いします!