雑穀好きにおすすめ。篠崎の黒米甘酒を飲んでみたよ。

篠崎の黒米甘酒がうまいということで、妻が購入したのを飲ませてもらいましたレビュー!20代後半くらいから甘酒が徐々に好きになってきた僕ですが、寒い日に飲むとぐっときますよね。初詣行った時に玉こんにゃくうまかったなぁ…。

というわけで篠崎の黒米甘酒です

product-kuromaiamazake-01
商品はこんな感じ。
黒米っていうから、真っ黒な甘酒かと思ったらピンク色?でかわいい。
ところどころに見えている黒い点々が黒米なのかな?

余談だけど、今回のレビュー書くまで、ずっと篠崎ってメーカーじゃなくて国菊だと思ってた。

product-kuromaiamazake-02
グラスに注いだ図。
香りは甘酒っていう感じなんですが、若干雑穀ぽい香りが混じっている。
甘酒っていうと白いイメージがあるので、手土産とかサプライズでこの商品を持って行ったら驚いてもらえそうですね。ぐひひ。

ちなみに僕は冷えた状態で飲みました。
冷えた状態で飲む甘酒ってピンとこないかもしれませんが、歴史的には甘酒は夏に飲まれていた飲み物なんですよね。俳句的には夏の季語になっています。

飲んでみる

飲んでみると、思ったより口当たりがよくするすると喉を通っていきます。
甘酒好きだよーっていう人は抵抗なく飲めるんじゃないかなと思います!

ただ、黒い点々だったところが穀物っぽい粒感が残っているので、通常の甘酒よりはつっかえる感じがありました。
それ以外は多少雑穀味がありますが、飲みづらいということでもなくうまかったです。
プレーンな甘酒にちょっと飽きが来てたよね、とか、雑穀米とか好きだしいいかもね!って人にはおすすめ。

妻は結構気に入ったようで、ぐいぐい飲んでいました。
酒もこのくらいぐいぐい飲めると嬉しいんだけれどなぁ。。。と、思ったり。

温めたレビューはできない(飲む前に妻が飲みきってしまった)のですが、よかったらお試しどーぞ!