ピェンロー鍋が話題だったので風邪ひいた時に作ってみた

久しぶりに盛大に風邪を引きまして、しばらくブログの更新も止まるほどだったのですがようやく回復しました。僕にしては珍しく、かなり熱も上がって喉の痛みは2週間位引きずっていました。冬場ですしみなさんも体調にはおきをつけくださいね。
さて、その風邪を引いている中で最近話題のピェンロー鍋を作ってみましたので簡単なレシピとレビューです。

ピェンロー鍋とは


写真だとわかりづらいと思うんですが、こんな感じの鍋です。
具材はあれこれ入れずに、白菜メインで豚肉、鶏肉、干ししいたけ、春雨などが入ります。
中国の家庭料理だったらしいですが、最近?になってdancyuで取り上げられたらしく一部の界隈で盛り上がっていました。
dancyu好きなのと食べたことがない料理は食べてみたい!というので、以前から気にしていたのですが風邪を引いた時にこそ食べるべき!と思ったので作ってみました。

dancyuっていうのはこういう雑誌です↓

dancyu(ダンチュウ) 2015年 10 月号
プレジデント社 (2015-09-05)

定期的に購読するほどではないんですが、気になる特集が組まれていたりするとちょいちょい購入して読んでいます。
本の雰囲気とか、記事のセレクトとかそういうのがなんか気に入っています。
変に格好つけてないのもいいですね。

風邪の時に食べると良さそうと思った理由

多くの人に当てはまるかはわからないですが、僕の場合はだいたい風邪って喉から来るんですね。
喉をやられると固形物を食べるのが大変で(今回はつばを飲んだりするのもキツかった)、そんな時に白菜をクタクタになるまで煮込むこの料理なら比較的食べられそうだと思ったのがきっかけでした。
他の鍋だと根菜が入ったりして、どうしてもある程度固形物的な要素がでてくるんですが、この鍋はそういった類の材料が入らない(しいて言えば肉くらい)のでおじやとかと同じ感覚で食べれるかなと。

で、味付けなんですけれどごま油が入って活力でそうってところと、一味唐辛子を入れるので体が温まりそうというのも風邪には効きそうだと思っています。
医学的な根拠とかはないです。なんとなくそんな気がしています。

レシピ

例のごとく、ざっくりしたレシピですが。2人分です。
・白菜 1/4
・干ししいたけ それなり
・豚肉 200g(バラ肉とかがいい気がする)
・鶏もも肉 200g
・緑豆春雨(ないのでフォーで代用しました)
・塩 適当
・一味唐辛子 適当
・酒 適当
・ごま油 適当

  1. 土鍋に普段の鍋の時より多めに水を入れ、干ししいたけをいれて戻す(半日~1日)。
  2. 干ししいたけと水が入った土鍋を火にかけ沸騰してきたら白菜の厚い部分を食べやすい大きさに切って入れる。
  3. 白菜に火が通ってきたら、豚肉、鶏肉をいれて煮込む。アクを取る。
  4. 白菜の葉っぱの部分をいれて蓋をして弱火で煮込む。白菜の厚い部分がくたくたになるまで。
  5. 酒をドボドボっといれてひと煮立ちさせたら、塩、一味唐辛子、ごま油をいれて調味。
    塩気が足りなければ塩。
    コクが足りなければごま油。
    なんか物足りなかったら一味をそれぞれ味見しながら入れるといいと思います。
    この鍋、「ピェンロー鍋 まずい」とかで検索されるくらい料理慣れていない人が作ると微妙な味になるみたいです。
    僕も作っていながら結構味付けが難しいなーって思いました。
  6. ほぼ完成になったら、フォーを突っ込んでひと煮立ちさせて終わり。

本当は、取り皿に塩と一味をいれて自分で味を調整しながら食べるらしいんですが、僕は正直食べる段になって調味するのは面倒くさいので先に味付けをしてしまいました。
この辺りは好みでやってもらえればいいんじゃないかなと思います。
本当はお酒も入れないみたいです。入れたほうがうまそうなのでいれました。

ピェンロー鍋 まずい とかで検索してておいしく作るコツを知りたい人はこの記事をどうぞ
ピェンロー鍋がまずいと感じる人用、作り方のコツ

ピェンロー鍋の感想

味については文句なしにうまかったです。
自分で作ったとは思えないような味付けでしたが、ごま油が入っているのでだいたい味付けの調整で妥協しなければ誰でもおいしい物を作れると思います。
白菜もクタクタで、喉が痛かったのですが無事に食べることができました。
唐辛子が入っていたのも効いたと思いますが、汗をかくことができて熱が下がるのにも一役買ったんじゃないでしょうか。

風邪の時に結構いいんじゃないかなーと思いますが、くたくたになるまで煮込むので調理に少し時間がかかることが難点でしょうか。
少し調子良くなってきた時とかに作るのが良さそうです。本気でやばい時はやめたほうがいいかもしれません。
辛くてちょっと休もう、からの火事。とか洒落にならないので。

ななうみ
久しぶりに大きく体調を崩したのですが、無事に回復することができてまずは良かったです。
喉が痛い時にも食べられる料理っていうのは結構大切で、おかゆばかりだと栄養が偏ったりするのでこういう時にも食べれるレパートリーを増やしておくのは地味に大切だなぁ。と実感。
今回、あまりにもつらすぎて風邪薬を飲んだのですが、早く治したい時には風邪薬は使わずにしっかり食べてしっかり休むをきちんと実践するほうが良いようです。
しっかり食べる、のところでこうした料理を差し込んでいけるとさらに回復も早そうですね。風邪ひいた時以外にも、普通に鍋としておいしいのでおすすめですよー。

気に入ったらシェアをお願いします!