岩手県の「四季彩の宿 ふる里」に行ってきたよ!露天風呂付個室でゆったりできて最高でした!

travel-furusato-01
岩手県西和賀町にある温泉宿「四季彩の宿 ふる里」に行ってきました!
写真は館内入口になります。立派な佇まいですね~
この立派さに反して、比較的手ごろな値段で宿泊でき、山中の閑静な地域で、露天風呂付個室あり、家族風呂あり、料理うまい、接客グッドという一軒宿になります。
立地は宮沢賢治で有名な花巻市から約1時間、秋田県との境目にあって県をまたいでの旅行の中継点にもうってつけな場所にあります。
個人的には今まで泊まったどの宿よりも好みでした。その良さみを語ってみたいと思います!

travel-furusato-02
車を駐車場に止めていると、仲居さんがお迎えしてくれました。
案内されるまま中に入ると高い天井のロビー。
全体の雰囲気としては、古くからある趣を感じられる純和な感じと、ところどころに洋風の面影もありモダンな印象となっていました。
広いのですが、どこもかしこもきれいに管理が行き届いていて、旅館の方のおもてなし精神を感じずにはいられませんでした。

女性限定で、浴衣を好きなデザインのものに変更することができるようでした。
遊び心があっていいですよね。友達同士やカップルで来たときはわいわいできるんじゃないでしょうか。

館内は無料のWi-Fiが通っていて、パスワードなしでアクセスできます(速度も問題なく出ていて使えました)。

特別室(専用露天風呂、足湯付き)

travel-furusato-03
今回は妻とせっかくの旅行だということで、一番いい部屋を取りました。
部屋に露天風呂と足湯が設置され、大浴場にいかずとも風呂に入ることができます。こういう設備いいですよね!まさに特別という感じがします。
この部屋は8畳あります。冷蔵庫、テレビ付き。

travel-furusato-04
こちらも8畳あります。ベッドルームです。
金庫、ドレッサー、テレビ付き。
ベッドはふかふかで最高に気持ちよかったです。
僕は普段旅先であまり熟睡できないのですが、がっつり寝てました。気が付いたら朝になっていた。

travel-furusato-05
部屋に設置されている露天風呂。
この風呂とは別に足湯もあります。風呂入って~暑くなったら足湯して~ちょっと寝て、風呂入って~(以下続く)みたいなことができますね。素晴らしい!
写真だと手狭に見えるかもしれませんが、割と広くて、5人くらいなら余裕で入れるくらいの広さがあります。

ちなみに、特別室以外にも「別館露天風呂付客室」「半露天風呂付客室」など露天風呂がついた客室はいくつかあるようでした。
そうでない部屋でも、貸切風呂があるので家族だけで、カップルだけでお風呂に入ることができますよ!

travel-furusato-06
露天風呂の前は渓流と崖になっていて、どこかからみられるという心配もありません。
風呂入りながら鳥が飛んでったりしてるのみたの、最高にのどかでよかったですよ~!

travel-furusato-07
アメニティも充実してた!
これはマニキュア。僕は使ってません。

travel-furusato-08
こっちは歯ブラシやブラシ、綿棒や髭剃りなど。
普通の宿ではおいてないアメニティまで置いてあって、気配りすげぇ!って思った。

夕食

travel-furusato-09
食事は部屋食ではないものの、個室でのんびりといただくことができます。
チェックインの時に夕食の時間を指定するので、時間になったら会場に向かいましょう。
今回、僕と妻が案内されたのはこじんまりとした和室でした。ほかの部屋も同じような感じなのかはちょっと不明。

travel-furusato-10
岩手といったら、乾杯は銀河高原ビールですよ!ね!
銀河高原ビールは西和賀町で作っているのでまさにこの場所で飲むべきビールだといえるでしょう。
ちなみに、銀河高原って地名はなかった。いい感じに命名された高原だった模様。かっこいい名前すぎる…!

travel-furusato-11
お料理~ 食前酒、前菜、小鉢です。
食前酒の前にビール飲んでしまった!まぁいいか♪
ニンジンのカステラがうまかった!甘くて癒される~

travel-furusato-12
豚肉ときのこの鍋。
限りなくうまかった。しっかりとした風味、味があるんだけれどあくまで優しい風味。
主張が強すぎない味付けなので、いくらでも食べれる!と思える一品でした。

travel-furusato-13
小休止。鴨ローストと野菜スティック。
このタイミングでこういうの出してくるの、憎いなって感じです。
いったん口の中を落ち着かせて次に進ませる作戦。
とはいえ、野菜も鴨も大変うまいっす。

travel-furusato-14
えっと、確か秋刀魚と野菜の揚げ巻き。
秋刀魚の風味が生きていて、うまかったです。
なかなかお目にかかれない料理だと思うので、こういう逸品がいただけるのはうれしいですね。

travel-furusato-15
デザート。
手前に見えるのはパイの実ではありません!!!!!
スコーン的な何かだった気がする。うまかった記憶だけあるんだが、ほかの印象が強すぎてうろ覚え。。。(なんという失態!)

しかも、ごはんとか取り忘れたやーつもちょいちょいあるっす。。
おなかはいっぱいになるし、料理はどれもうまかったので大満足の感想しかなかったですよ。

食事のあとは、ゆっくりと自室で風呂につかったり、だらだらブログを更新したり、地方番組を見たりしながらすごしました。
テレビがついていても、普段と違う番組をやっているというだけで心持が変わりますね~
地方に行くたび思うことではあるけれど、不思議な体験な気がしますね。

朝食~

travel-furusato-16
朝食は2系統から選べて、ふる里特製創作料理朝食かオーソドックスな和朝食かを選択できます。
今回はせっかくなので創作料理朝食にしてみましたよ。

写真はサラダ、小鉢、梅干し。
どれもうまかったんだけど、特に印象的なのは長いもにひじきの佃煮?みたいなのを乗せたやつ。
予想外な組み合わせだったのですが、めちゃくちゃ相性よくて。目から鱗でした。

travel-furusato-17
きのことベーコンの焼き物。
このあたりの地域はきのこを栽培しているのでしょうか?
昨日の夕食に出た鍋のきのこも、朝食で出てきたきのこも、どちらもハリがあってうまかったです。

travel-furusato-18
そしてまた炭水化物の写真を撮り忘れてのデザート。
炭水化物を目にすると写真を撮るより先に口に運んでしまう…抗えない何かがありますね。

このデザートはミルクプリンみたいなババロアみたいなやつだった気がします。
朝食の締めに、甘いものをいただけて頭がしゃっきりした覚えがあります。
もちろん、味も文句なしにうまかったです。

その他施設

travel-furusato-19
売店です。
割と狭いエリアにところせましとご当地の食品や工芸品が売っています。
客室に置いてあったお菓子がどれもおいしかったので、それぞれ買って帰りました。
会計はチェックアウト時にまとめて行えるので楽でしたよ!

travel-furusato-21
ロビー脇にある食堂。
食事個室なのになんで食堂が??って思ったら、プランによってはここでの食事になるのかもしれません。
食堂内は広くて、隣の席との余白も十分に開いているので、相席的な感じになってもさほど気にならないかなと思います。

travel-furusato-20
食堂にはドリンクバーがついてた。
会計の時にちょっと待ち時間があったので、旅館の人から勧められるがままドリンクをいただきました。
ごちそうさまでした。

総括

施設面では、管理が行き届いていてきれいであったこと。Wi-Fiが用意してあってネット環境に困ることがなかった点が何よりもよかったかなと。
特別室については、かなり満足していてゆったりできました。部屋にある温泉と超絶快眠ベッドが最高すぎました。
料理は朝・夕ともに、ボリュームも文句なしに多くて満足でした。
あと、板前さんの丁寧な仕事が伝わってくる料理ばかりで、最後の一口までおいしくいただくことができました。大感謝。

接客も丁寧で親切な対応をいただけました。
特に、最後に見送りをしてくれた男性スタッフは、僕たちが移動し始めて敷地を出ても頭を下げたままいてくれました。
これって何気にできることではないのですごいなぁ。。。と驚きを隠せませんでしたね。

岩手、秋田と旅行をする方、もしくは都会の喧騒から逃れてゆっくりしたい方には、ぜひおすすめしたい宿だったと思います。
よかったら利用してみてくださいね!

施設情報

四季彩の宿 ふる里
住所: 〒029-5514 岩手県和賀郡西和賀町湯川 西和賀町湯川52-17
電話:0197-82-2226
定休日:無休
駐車場:あり