ロリポップからエックスサーバーに移転したらページスピードが改善した

こんにちは、最近ブログのサーバーをロリポップ!からエックスサーバーに移転したななうみです!
運営しているブログの読み込みスピードが遅く感じたり、page speed insightsでの評価が低かったりとページスピードで悩んでいることはありませんか?
画像を圧縮したり、キャッシュを使えるようにしたり、いろいろ工夫しているけれど一向にスピードが上がっていかない!なんてことありますよね。
そんな時は、もしかしたらサーバーに原因があるのかもしれませんよ。

エックスサーバーに移転してどのくらい改善されるか、なぜ改善するか

まずは、僕がロリポップ!からエックスサーバーに移転した結果を紹介します。
こちらの画像を見てみてください。


Page speed insightsでこのブログのスピードを計測したときのスコアです。この画像は移転後のスコアなのですが80点と良好な数字になっています。
サーバー移転前はこの数字がなんと42点だったんですよ。サーバー移転しただけで38点も改善されました。


GTmetrixというツールでも計測。
完璧というわけではないけれど、ページスピードの項目は「B」評価と良好です。

なぜページのスピードを改善するか

そもそもなんでページスピードを改善するんだっけ?

ページスピードが遅いサイトにアクセスして何も表示されず、そっ閉じした経験はありませんか?
何とか表示されたサイトを見て、続きのページを見ようとしたところまた表示が遅くてイライラした経験は?
おそらく、あなたもこういった経験があると思います。
そっ閉じされなければサイトを見てもらいやすいですよね。表示が早ければもう1ページ読もうとなるかもしれません。

読者に対してページスピードというメリットを与えることで、自分のサイトをより見てもらうというのがページスピードを改善する狙いになります。

ページスピードは2018年7月10日のGoogleのSpeed Updateで検索順位の指標の一つとなったので、最重要項目と位置付けて取り組むテーマであると思います。

SEO関連の記事を更新されている海外SEO情報ブログさんでも

ただし、大騒ぎすることはありません。
本当にものすごく遅いページだけが影響を受けます。
高速化は大切なことではありますが、パニックになってはいけません。

もっとも先日改良された PageSpeed Insights で遅い部類だと判定されたとしたら、最優先でスピード改善に取り組んだほうがいいかもしれませんが。
Googleがスピードアップデート(Speed Update)を導入、2018年7月からページ表示速度をランキング要因に

と発言されているので、あわてて何が何でもページスピード!!と気持ちをはやらせる必要はありませんが、しっかりと取り組むことでSEOでのマイナス評価を避けつつ読者の利便性を高めていきましょう。

Page speed insightsで他の改善点も指摘されているんだけど…

Page speed insightsで自分のサイトのスピードを計測した結果、他の改善点もたくさん指摘されたよ。という方もいると思います。
僕もまさしくたくさんのポイントを指摘されていました。
・サーバーの応答時間を短くしろ
・画像は圧縮しろ
・レンダリングを遅延させているjsがある
・cssを最適に配信しろ
・キャッシュの設定をしろ
とかとか。

僕はサーバーの応答時間を短くするのは最終手段…となぜか思い込んでいて(面倒だったからってのもあるけど)、他の指摘箇所を修正していたのですが一向にスコアが上がりませんでした。
サーバーを移転して劇的にスコアが上がったことからも、サーバーの応答時間を指摘されているときは最優先で取り組むべき修正点なのではないかと思っています。

エックスサーバーがいい理由は?他のサーバーではだめなの?

他のサーバーでダメだということはありませんが、僕が自信をもっておススメできるのがエックスサーバーであるというだけの理由でエックスサーバーを進めています。
というのも、他のサーバーも「高速化に取り組んでいます!」とかいろいろ言うんですけど(ロリポップ!も言ってた)、結局使ってみないと本当に高速かはわからないわけです。

僕が使ったことのあるレンタルサーバーはロリポップ!とエックスサーバーのみなのでエックスサーバーをお勧めしているということになります。

ロリポップ!を運営しているGMOペパボのhetemlというレンタルサーバーはロリポップ!よりもスペックが高くてよいのですが、これも僕は使ったことがないので「スペック的には悪くないよね」以上のことが言えない感じです。

ドメインがムームードメインを利用しているからサーバーが別会社になるのは面倒なのでは?

サーバーが別会社だと面倒なように感じますよね。
僕も面倒が増えるのかなと思っていたのですが、実際はそんなことはありませんでした。
例でムームードメインのキャプチャを使って説明しますが、基本的には設定自体は30秒くらいで終わります。


ムームードメインにログインして設定したいドメインの「ネームサーバー設定変更」をクリックします。


「GMOペパボ以外のネームサーバを使用する」をチェックして、ネームサーバ1~6のところに必要な値を入れればOK。
必要な値は、エックスサーバーの場合「サーバパネル」の「サーバ情報」に書いてあるので、コピペすれば完了です。

設定が面倒になるとかは全然杞憂です。

エックスサーバーがロリポップ!よりも料金が高いよ!

移行にあたって最もネックになるのは料金でしょうか。
ロリポップ!の場合、スタンダードプランを月額500円でサーバーを利用できるのに対して、エックスサーバーはX10プランで月額900円~1200円(契約期間による)と2倍ほど高価であります。

しかし、価格面だけを見るなら確かに高価なのですが、正直ケチケチするような金額ではないのかなと思います。
月額400円~700円の差です。ランチ1回分ですしブログ以外の部分(お酒を控えるとか、むね肉食べるとか)で全然ペイできちゃいます。

重要なのはサーバーにいくらお金を支払うか?ではなく、支払った分のメリットが自分に返ってくるか?だと思います。
極端な例でお金換算すると、ロリポップ!に月額500円支払ってAdsenseの収益が500円なのと、エックスサーバーに月額900円支払ってAdsenseの収益が1000円ならエックスサーバーと契約するべきですよね(手元に100円残っているので)。

ページスピードが利用者の体験に影響し、SEOにも影響すると言われている以上、月額500円程度の支出増でそれらを改善できるのであればむしろ安いと思えるのではないでしょうか。

ページスピードが上がるとどうなる?メリット4選!

既にいくつかページスピードが上がることのメリットをお伝えしていますが、改めてここで4つ紹介したいと思います。
これだけのメリットがあればサーバー移行するためらいも解消できるのではないでしょうか。

SEOでのペナルティを受けずに済む

サイトを多くの人に見てもらうという点で、最も重要なポイントはこれ。
ページスピードが遅くて本来の妥当な順位よりも低評価されている場合、多くの読者に有用な記事を届けられていないことになります。
ページスピードを改善することで、ペナルティを受けずに記事をより多くの人に届けることができますよ。

ブログの表示速度が上がって読者が離れにくい

サイトの表示速度が上がると、ページ読み込みにかかるイライラを大幅に低下させることができます。
ページが表示されないから他のサイトを見に行くとか、ページの読み込みが遅いので2ページ目は見ないといったことが減るのでページビューを増やすことができるのではないでしょうか。
ページビューが多ければサイトやブログの運営モチベーションが上がる(僕の場合はですけど)ので、運営に力を入れる→読者が増えるという好循環を作っていくきっかけになるでしょう。

アクセス数が上がらない原因を減らしておける

SEOの表示順を決めるための指標はかなり多くあるのですが、そのうちの一つであるページスピードを改善しておくと、ページビューが増えない場合に対策を打たなければいけない項目が一つ減ることになります。
あらかじめページスピードを改善して置ければ、その後のサイト運営で検討することが一つ減るので楽になりますよ。

正直、記事の質が悪いのか、ページスピードが悪いのか、デザインが悪いのかと検討項目が多ければ多いほど、問題の根本解決が難しくなります。
長く付き合っていくサイトであればあるほど、早い段階でページスピードを改善しておくメリットが大きいと思います。

wordpressの管理画面の表示速度が上がって執筆に集中できる

個人的にはこれが大きなメリットでした。
ロリポップ!を利用しているときは、管理画面(記事を執筆する画面)がもっさりしていてページ遷移が遅かったんですよ。
それが、エックスサーバーに移行してからはページ移動が目に見えて早くなったのでかなり快適になりました。

すごく小さなことなんですが、記事を書いたりサイトを運営している人にはぜひ体感してほしいです。
地味にストレスたまってたんだな~ってのが実感できると思いますよ(笑)

サーバーの乗り換えが面倒なのではないか?いいえ、僕でも4時間程度で乗り換え作業が完了しましたよ

サーバーの移行・乗り換えは面倒なのではないか?と思うかもしれませんが、やってみた感想としてはそんなに面倒ではありませんでした。
いろいろと問題がありながらも、4時間程度で移行作業が完了しましたし、実作業という意味では3時間もかからないかなと思います。

サーバーの移行については、いずれきちんとした記事を上げたいとおもいますが、ひとまず僕が参考にした記事はこちら。
ロリポップからエックスサーバーに移転する方法

すでにSSL対応しているサイトは上記の通りにやってもうまくいかないと思うので、こちらの記事も参照ください。
エックスサーバーへSSL(https)サイトを移転する際の注意点

サーバーを乗り換えてページスピードを上げるならエックスサーバー

エックスサーバーは僕が実際に使っているレンタルサーバーで、メリットを実感したうえでおすすめできるサーバーです。
アフィリエイトに限らず、多くのサイトやブログの運営者に利用されていて実績も申し分ないので、ページスピードの改善で移行するサーバーを探している人はぜひ検討してみてください。
月額1000円しないサーバー利用料金に、無料のSSL証明書もついているので高速化と高セキュリティ(どちらもSEO的に重要)を求める場合はエックスサーバーを利用していればまず間違いはないかと思います!

月額900円(税抜)から、高速・多機能・高安定レンタルサーバー『エックスサーバー』