神宮寺城(茨城県稲敷市:常陸国)


こんにちは、土塁が大好きななうみです。
今回、大杉神社へお参りしたついでに近くにあったお城「神宮寺城」を見てきましたので簡単なレポートを書きます。
神宮寺城は茨城県稲敷市神宮寺(旧稲敷郡桜川村)にあるお城で、南北朝時代の平城と言われています。

神宮寺城


築城年は定かではありませんが、南北朝時代に東条氏によって築城された城だといわれています。
城といっても南北朝時代ですから天守などはなく、館のようなものであったと考えられます。

台地の上に築かれた平城で、現在は土塁と空堀が状態良く残っていて曲輪を確認することができます。
曲輪は少なくとも3つほどあり、南側に張り出しのある主郭の他、東に南北に伸びた曲輪と南側に隣接する曲輪があります。
その他については周囲が開拓されていることもあり明確にはわかりませんでした。
おおよそですが、現在確認できる城郭の大きさは南北に130m、東西に100mほどあるようです。

城郭の北東部にある土塁の上には「北畠准后唱義之處」の碑が建てられています。


城がある場所の道路沿いには、このように神宮寺城の説明書きがありました。

かいつまんで説明すると、
南北朝時代の南朝方人物「北畠親房」が海路で伊勢から陸奥に向かう途中に難破、常陸東条浦に漂着した北畠らは地頭、東条氏に迎えられて神宮寺城に入りました。
北畠らが到着してまもなく、北朝方の佐竹氏らに攻め入られて神宮寺城は落城。北畠はその後、阿波崎城、小田城、関城、大宝城と次々と追われながら転戦した。

ということらしいです。
佐竹氏に落城させられて以降の神宮寺城がどんな存在であったかはわかりませんが、戦略的価値を失うまではおそらく城としての運用は行われたのではないかと思います。


主郭の土塁と空堀。
この部分の土塁はかなり状態良く残っており、高さも十分という印象でした。上りづらい程度には急なので、階段が設けてあって助かりました。
土塁の内側は土塁との高低差がそこまで大きくありませんでした。守備に当たる兵は土塁へのアクセスしやすい作りになっていたことがうかがえます。
堀はあまり深くありませんが、おそらく当時はもっと深く掘られていたのではないでしょうか。


主郭内部。かなり広い空間が広がっています。
土塁に四方を囲まれており、防備が十分であることが見て取れます。


主郭西側。西には竹林が広がっています。こちらは土塁が築かれていない様子でした。


土塁上部から南を見た図。
通行するには十分な広さが確保されています。途中、土塁にへこみがあることから、曲輪と曲輪を結ぶ通路だったのかなと思いました。


主郭の北側にも土塁の跡がありました。ここももしかすると曲輪だったのかもしれません。
現在、周囲の木が切られて土が掘り返された跡があったので当時の遺構がどのようなものであったか、正確に測ることができないのが残念です。

神宮寺城へのアクセス

周囲に電車は通っていないので、車でのアクセスをお勧めします。
バスがもしかしたら通っているかもしれませんが、本数は期待できないでしょう。
車があれば、神宮寺城から南に行ったところに、大杉神社があるため、一緒にそちらに参拝することもできますよ。