コミックマーケット94に参加した感想とpixivPAYの利用状況


みなさんこんばんは、ななうみです。
2018年の夏コミも無事に終了しましたね。参加された方々おつかれさまでした。
今回のコミケも非常に楽しく参加させていただいたのですが、サークル参加をした感想と以前話題にしていたpixivPAYの状況について感じたことをお伝えしたいなと思います。

コミックマーケット94の感想

感想といっても、僕が実際にコミケに行ったのは3日目だけなのでその範囲の話になります。
今回のコミケは直前台風に見舞われるなど天候が怪しい雰囲気での開催でしたが、大きな被害が出ることもなく無事に終わることができたのが幸いでした。3日目に関しても朝方うっすらと雨が降りましたが、かなり限定的で問題にはならなかったように思いました。

イベント3日目に関しては21万人の来場、全体では53万人の来場ということで、例年通りの人の入りだったように思います。各方面(即売会にしろ、コスプレにしろ)ともに大きな盛り上がりを見せていたので、即売会といえばやっぱりコミケだなと改めて実感できたイベントでした。

そんな中、ごく個人的なことでいえば所属しているサークルがサークル発足以来初めての持ち込み分完売を達成しまして、かなり思い出深い回になりました。当サークルに足を運んでいただいた方々へ、この場を借りてあらためてお礼申し上げます。
持ち込み分完売しないまま印刷冊数を増やして行っていたのですが、多くの知人に「完売は一つの節目」的なアドバイスをいただいていたこともあり、今後のサークルの頒布部数を考えるのに大きな材料をいただいたような気がします。

メロンブックスさんで委託販売しますので、ご興味の方はお手にとってみてください。
RikAffection – ニアハモニカ

pixivPAYの利用状況

上記のようなことから、本日は普段よりも多くの方にサークルに足を運んでいただいたのですが、pixivPAYの利用率はというと4名様くらいとpixivPAY経由で決済しました。

pixivPAYとはなんぞ?という方はこちらをどうぞ
pixivPAYで即売会をキャッシュレスに!使い方を詳しく解説します

割合でいうとかなり少ないとは思うものの、それでもこのアプリを経由しての決済を希望する方もいるのだな〜と思い、以前にpixivMARKETにでていてよかったとあらためて過去を振り返る結果となりました。

今回は現金決済が主流のイベントとなるのはわかっていたのですが、どの程度pixivPAY利用者がいるのか把握するため+スペースに余裕があったので決済方法を増やそうと思ってpixivPAYを導入していました。
結果として数名の方ではありましたが、利用意向があることが確認できたのはよかったなと思います。

特に、イベント中盤以降に「小銭がなくなってしまったのでpixivPAYで支払いたい」という人や、外国の方が「クレジットカードで支払いたい」という話があって、そう行った方に対応できたのは嬉しかったです。

年々、コミケへの外国人の参加率は高くなってきているように感じますし、今後は決済方法の一つとして見据えてみてもいいのかなと思います。(とはいえ、以前も別記事で申し上げた通り、アプリの決済フローはやはり現金決済と比べると煩雑なので、どこまで浸透するかは未知数ではあります。間違いなくニーズはあると思うのですが。。。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA