信長の野望を初めてプレイする初心者むけのタイトル2選

小学生のころから信長の野望を始めて、もうすぐ30年選手になることに気づいたななうみです。こんにちは!
信長の野望シリーズって作品がたくさんあって、これから信長の野望やってみたいよーという人はどれをやればいいの??みたいになると思うんですけれど、今回は初心者でも楽しめる作品を2つ紹介したいと思います。
信長の野望をプレイして、ぜひ戦国時代の雰囲気を楽しんでみてください!

オススメNo.1!信長の野望 創造 WPK


信長の野望 創造 WPKは文句なしにオススメの作品です。
個人的にはシリーズ最高峰と言ってもよいくらいのできで、シンプルな操作感と複雑な戦略性のバランスが良いです。
信長の野望はいろいろな要素が複雑に絡んだのを、どう対処していくか考えるゲームなのですが、操作感がシンプルなので考えることに集中できるのが魅力です。

城づくり、街づくりが楽しめる


今作では各地域に網の目のように広がる道と、その上に設置されたポイントに好きなように築城できるのが魅力のひとつ。
思い思いの城を作って、進軍ルートを確保したり防衛線を張ったり、兵数を底上げできるのが楽しいですよ。
各城には城下町を作れるので、城下町にも好きな施設を作って特色ある城や地域、勢力にしていくことができます。

兵の進軍ルートや連合、国人衆といった戦略性


従来の作品の多くは、城と城の間の進軍ルートは決められており、自由に移動して敵の城に接近するというようなことはあまりできませんでした。
創造では、網の目のように張り巡らされた道を時に最短距離で、時に迂回して、時に敵軍を挟み込んだりして進軍することができます。

また、大きな勢力に対抗するために様々な勢力を敵味方に分けて天下を二分する連合を組むことができるの魅力的。
単独では太刀打ちできない敵にも、大局的な挟み撃ちを仕掛けることもできるので戦略の幅が広いです。

各地域には土豪の勢力である国人衆がいるのですが、彼らに戦に加わってもらうように協力を仰いだり、勢力として取り込んだりということもできますよ。

謀反、反乱、寝返りを促せる調略


WPKであれば相手勢力の武将をそそのかして、謀反や反乱、寝返りを促せるのが非常におもしろいです。
戦乱の時代において、調略は欠かせない要素なのでこうした泥臭いコマンドがあるのも本作品の魅力の一つですね。

信長の野望 創造 WPKをまとめると

戦略の幅や信長の野望らしい細かな調略があるなど、自由度の高いゲームです。
ネット上での評価も高く、歴代最高峰と思っている人も少なくないはず。
自由度が高く複雑なのですが、操作系がシンプルで理解できないような難解な作りになっていないところが、初心者でも入りやすいと評価しました。
また、ゲームそのものも十分に面白いのですが武将数が多かったり、歴史ドラマが内包されていたりと歴史好きの嬉しいポイントを押さえているのもポイントが高いと思います。

以前、プレイしていた時に書いた記事もあるので、詳細を知りたい方はこちらの記事もどうぞ。
信長の野望 創造WPKが面白すぎてやめられない

信長の野望 創造 WPKで初心者におすすめの勢力

続いて、本作をプレイするにあたっての初心者におすすめの勢力を紹介します。

織田家

まずは織田家。
戦国~安土桃山時代の主役勢力と言っても差し支えない勢力なので、歴史イベントも豊富で味方武将も精鋭ぞろい。
敵勢力も精鋭ですが、弱小勢力も周辺にちらほらいるので、初心者プレイでも安定して信長の野望の醍醐味を味わうことができる勢力です。
京都にも近く、当時の「畿内を支配することが天下を支配する」という感覚を実感しやすい勢力かなと思います。
シナリオもどこではじめてもそのシナリオごとのおもしろさ、ドラマがあるため見ごたえ、やりごたえがありますよ。

島津家

続いてこちら、九州最南端の薩摩の勢力。
島津家よりも南に敵がいない+島津4兄弟がめちゃ強いということもあって、初心者がプレイするには難易度の面で非常に優しい勢力です。
京都まではかなり距離がありますが、島津家は有名でもあるのでそこそこ歴史イベントも用意されていて飽きずにプレイすることができると思いますよ。
九州地方、中国地方と制圧して京都を目指しましょう。

徳川家

織田信長が倒れてからの徳川家も楽しくプレイできる勢力だと思います。
周辺勢力は倒しやすいのですが、豊臣家をどう倒していくかを考えながらプレイを進めることになるでしょう。
西の豊臣、東の徳川という感じでそれぞれ勢力を拡大していくことになります。
強力な人材があまたいるので、うまく使いこなして天下に覇を唱えましょう。

オススメNo.2!信長の野望 大志


オススメ2番目は最新作「信長の野望 大志」です。
市場の評価はそんなに高くないのですが、度重なるアップデートでおもしろくなってきました。
信長の野望やりこんでる人からするとイマイチ…という評価が多いのですが、初心者にはむしろオススメと思っていますよ!

シンプルな操作


創造よりもさらに、そしてはるかにシンプルになった操作システム。
勢力を成長させていくために考えることが徹底的に簡略化されていて(それでもシミュレーションゲーム初心者にはいろいろと大変だと思うけど)、ザ・初心者歓迎作品という雰囲気があります。
好きな地域に築城したり、城の周辺に砦や市場を作るなどもできるのですが、道という概念がなかったり(基本どこでも通れる)してシンプル化していい場所は機能を落としました!という感じがありますよ。

勢力ごとにプレイスタイルが変わる

信長の野望 大志「志システム」
国を発展させる、兵力を整えるといったところは簡略化されましたが、武将や大名の指針や性格、といったところは大きくクローズアップされています。
これによって、勢力ごとに得意なこと、不得意なことが出てきているので遊ぶごとに特徴に合わせたプレイや周辺大名の動き方が変わるというおもしろさがあります。
勢力間のお付き合いも「利害」という軸と「良悪」という軸で関係性が構築されていて、それによって交渉が難航したりということがあります(良いやつって印象だけど害がある勢力みたいな扱いをされたり)。
後腐れのある外交になっているので、従来の作品よりも各所との関係性を重視するといったところで政治的な立ち位置を気にする必要がある作品です。

兵数制限のある土地で大勢力を撃退できる


創造などでは特に顕著だったのですが、大勢力に対抗する兵力がないと基本的には負け一方ということが信長の野望ではよくあります。
今回の作品では、うまく戦場を選べれば大軍を撃退することが可能となっています。
つい先日プレイしているときも毛利軍10万を、河野軍2万が何度か打ち破ったりしていました(NPC同士での戦いでもこうしたことが起きている)。
こうした本来は未来がなさそうだった勢力でも、生き残れる可能性があるというのはおもしろポイントかなと思います。

信長の野望大志をまとめると

創造と比べると自由度は下がったが、その代わりにシンプル化に磨きがかかった初心者向けの作品。
外交をまめに行う必要があるため、創造の単純劣化ではなく別のおもしろみが加わったと考えてよいと思います。
現状、WPKが出ていないので機能や戦略性という意味で創造に一歩及ばない感じもあるけれど、シリーズの導入作品としては悪くないです。
武将や大名に焦点が当てられているぶん、武将ごとのエピソードやイベントは多く、創造よりもドラマ性は高くなっています。

大志についてもプレイした感想をつづった記事があるので、よかったら見てみてください。
信長の野望 大志をクリアしたので感想と評価・レビューしてみる

信長の野望 大志で初心者におすすめの勢力

続いて、本作をプレイするにあたっての初心者におすすめの勢力を紹介します。
本作は操作しやすいシンプルという話とは別に、勢力を育てていくのは従来よりもやや難しくなっています。それを加味して、初心者におすすめの勢力をピックアップしてみました。

北条家

関東の覇者で強力な武将、強固な勢力基盤を有した勢力です。
武田、今川、上杉のいずれかとはほとんどの場合、同盟関係でスタートするので戦う相手が少し絞られているのが初心者に向いているポイントです。
関東平野を掌中に収め、西進して京都を目指しましょう。

毛利家

中国地方の覇者で時代によっては大内家に脅かされているかもしれませんが、だいたいの時代において大きな地盤を持っています。
武将も精鋭ぞろいで城数も多いため、そのまま京都に進軍してもよし、四国を抑えに行ってもよしと自由にプレイすることができるでしょう。
京都に到着するころには織田が強大になっていると思われるので、雌雄を決して戦国の覇者に名乗り出ましょう。

三好家

信長に先駆けて天下人となった三好長慶の勢力。
終盤は松永久秀の影響でボロボロになっていきますが、シナリオ序盤では即座に天下に覇を唱えることもできるほど強大な勢力です。
周辺は敵に囲まれていますが、讃岐~畿内の一部を勢力下に治めているので大掛かりな兵力を動員することができるのも特徴の一つです。
三好長慶やその兄弟は能力が高いので一気に戦国乱世を鎮めてしまいましょう。

初心者はこのポイントを押さえて作品を選ぼう

というわけで、初心者向けの信長の野望を紹介してきました。いかがだったでしょうか。
他にも多くの作品がこのシリーズには存在しているので、上記2つの作品以外を初プレイに選ぶということもあるかと思います。
そんな時でも、以下の4つのポイントを気にしながら作品選んでみてねというポイントがあるので見てみてくださいね!

グラフィック的に苦痛ではないか?

まずはこれ、僕のように昔のゲーム(SFCとか)に慣れている人は古いグラフィックでも耐えられると思うのですが、そうでない人も多いはず。
昔の作品の方がゲーム性が高いというレビューがあったりしますが、個人的には必ずしもそうだと思いませんし、仮にゲーム性が高かったとしてもグラフィックが苦痛で遊ぶのをやめてしまった。。。というのでは、本末転倒ですよね。
許容できるグラフィックを担保している作品を遊ぶようにしましょう。

ゲーム性と物語性が両立しているか?

シミュレーションゲームとしてのおもしろさの他に、歴史のイベントや逸話を再現している物語性がゲームの中にあるかどうかも重要視してよいポイントだと思います。
信長の野望は全勢力でプレイできるのが特徴ですが、歴史イベントが含まれているとこんな逸話知らなかった!という話に巡り合うこともできて興味の幅が広がるのですよね~。
歴史イベントがないと、好きな勢力で何度か遊んでおしまいってこともあると思うんですが、歴史イベントが入っているとよく知らないけど、この勢力のイベントも見てみたいからもう一回遊んでみよう。と、何度も遊ぶきっかけになったりします。
ドラマ性が欲しいなという人はぜひこのポイントをチェックしてください。

自分なりの遊び方ができるようになっているか?

まだ遊んでいないのに自分なりの遊び方ってなんだ?と思うかもしれませんが、信長の野望はシリーズを追うごとに機能追加されいるというわけではないのです。
内政で街づくりに力を入れている作品もあれば、戦闘に焦点が当てられている作品があったり、好きな場所に築城できる作品があればできない作品もある…という感じで、できることできないことが結構わかれます。
なので、好きな場所にお城を作って進軍ルートを自分で確保して遊びたいよ!という人が、築城できない作品を購入すると不満に思うかもしれません。

どういったポイントを期待して信長の野望を遊びたいと思っているか、ちょっとだけ考えてみてください。

お気に入りの武将や城が登場するか?

そして、最も大切だと思うのがこれ。
歴史好きな人にとって、思い入れのある人や勢力が全くないという人は少ないはず。
メジャーどころはどの作品でも出ているかもしれませんが、ちょっとマイナーな武将や勢力は作品によっては出ていたり出ていなかったりします。
また、作品によっても武将の能力が違ったりします(ゲーム内のバランスや研究が進んで武将の能力が見直されるなど)。

例えば石田三成はシリーズ通して政治能力が高いのですが、知略はシリーズ前半の「烈風伝」では17なのに対し、「創造」では77だったりと大きく変化しています。
大好きな武将が思っていた能力と違う!とか、今の評価とかけ離れている能力だったりするとがっかりものなので、そういった点でも見てみるとよいかもしれません。
基本的には、最新作に近ければ近いほど今の評価にちかしい能力が当てられていると考えてよいと思います。

この4つのポイントでいろんな作品の情報をチェックしてみてくださいね。
みんなの歴史が好き、戦国時代が好きという気持ちをゲームが後押ししてくれるような作品が最初のプレイにはもってこいだと思います!
ぜひ、そんな作品を見つけてくださいね!