【信長の野望 大志】松平家康プレイレポート(中編)

こんにちは、ななうみです!
さて、前回に引き続き松平家康のプレイレポート進めていきたいと思います。
前回は三河で独立したところから、今川家と紀伊を横断して領土化、織田家を滅亡させるところまで進めました。
今回は東西の強敵、北条家、武田家、毛利家、長曾我部家を攻略していきたいと思います。

このプレイレポートの前編はこちらから
【信長の野望 大志】松平家康プレイレポート(前編)


浅井家から琵琶湖南方の城2つを奪ってしばらく経ったころ、上杉家が武田家に侵攻を開始。
合わせて、こちらも南から武田家の領土に攻め入ることにしました。
美濃から飛騨に向けたルートと、駿河、遠江から甲斐に向けたルートの2方向から攻めます。本当は三河、尾張から信濃に侵攻して3ルート取りたかったのですが、飯田周辺は武田の物見櫓が建っていて非常に不利な状況だったので、一旦侵攻しない方向になりました。


従属勢力だった畠山家が取り込まれる運びに。
従属してからそんなに日も経っていないのに取り込まれる勢力ってなんなんだ、、この辺のロジックがいまいちわかりません。


うむ。良きにはからえ。


武田家との抗争中に、信玄まさかの死。
信玄がいなければ武田家はあまり怖くないですね。武将は強いけど、強い武将なら徳川家にもいるので。


とか思っていたら、おもむろに北条家が攻めてきました。
ちなみに、武田家に侵攻した際、飛騨の松倉城は攻略できたのですが、甲斐の中野城は攻略できませんでした。まだ武田の防御は厚いかー


北条家を導入兵数の少ない土地で迎え撃って撃退。大志は兵数に差があっても勝てる見込みがあるのがいいところです。
で、北条を退けたあとの勢力図です。
地味に近江の浅井家を蹴散らして領土を広げています。


撃退した北条家に追撃をかける形で、伊豆に攻め入ります。


さしたる抵抗もなかったので、韮山城、下田城を手に入れることができました。


北畠家が伊賀を狙っているうんぬんという報告があったので、滅ぼします。


さよなら。。。
北畠家が六角家に攻められたからこそ、徳川は伊賀に進出することができたのですが、時の流れとは無常なものです。


今度は西から、長曾我部家が攻めてくるようです。嫌だなー
あちこちで戦争が起きてて、嫌な時代です。


長曾我部家は筒井城あたりの兵力で防ぎつつ、近江の兵を使って浅井家を攻略しました。


そのまま勢いに乗ってついでに一色家も攻略。よしよし。


畿内の弱小勢力を攻略しきった勢力図。
あとは三好家と本願寺家を攻略すれば、毛利と全面戦争ができる条件が整います。


ここにきて分国法制定という民忠と武将忠誠が上がる方策を入手。
強力な武将の忠誠が確保できるのはうれしいですね。裏切られるかもと思いながら運用するのはつらいので、、、


北条家がちょくちょく領土侵犯をしてくるので、東西で戦線を拡大する2面作戦に出ることに。
西は三好家討伐、東は北条家と争います。
今回の戦闘では小田原城落城を狙ったのですが、敵部隊が山のように押し寄せるので結局攻略できませんでした。


三好家の方は、大きな問題もなく攻略することができました。
畿内で残す敵は本願寺家の石山御坊だけなのですが、なんか20000も兵がいるのでいったん体制を立て直すため侵攻せず。


畿内を休息させているところで、近江、美濃の兵で越前の朝倉家をたたきます。


兵が休まったのを機に加賀、信濃、甲斐、摂津の4方面で侵攻開始。
武田家と本願寺家の滅亡を目指します。
このくらいの勢力になると、兵糧は潤沢にあり兵もどこかの方面は回復しているので常にどこかで戦を行うことができます。


今回の侵攻の進捗。
本願寺家は虫の息、武田家はあと一押しといったところです。


本願寺家が滅亡してしばらく経った頃、武田家も攻略することができました。
武田の強力な武将の多くが生き残っていたので、これからの北条家、毛利家との戦いで活躍が期待されます。
上杉も、そろそろ視野に入れないとかなぁ…


直政!赤備えを継ぐのだ!!
くっそ熱い展開でこのシーン好きなんですよね…!戦況がIFに入ったとしても、こういったイベントが見られるのは今回、各武将の物語に力を入れている大志の良いところだと思います。


武田家を滅亡させた時点での、勢力図。
東方の支配地もかなり広がり、惣無事令を出せるだけの天下人に限りなく近い存在となりました。
北陸~越後を攻略できれば、東北への足掛かりにもなりますね。


西側では武田家滅亡よりも早く本願寺家を滅ぼし、兵を回復させていたので早々に毛利家と戦闘開始。
ちなみに、以前戦争状態にあった長曾我部家は大友家との戦にお熱だったので、しれっと長曾我部家に加担しておきました。これで、支援している状態では長曾我部家は徳川家に攻め入ってこないでしょう。
うまくいけば、毛利家と長曾我部家が争って漁夫の利を得られるかもしれません。


北陸方面でも戦闘開始。
畠山家の七尾城を目指して日本海を渡ります。
なぜ日本海を渡っているかというと、陸伝いで行くと畠山家に有利な地形で決戦をしなければならなそうな雰囲気だったからです。


そうこうしているうちに、謙信が死亡。
畠山家を倒したら上杉攻略かな?と思っていたので、まさに天啓といった感じですね。


畠山家を無事に攻略完了。
にしても、有力な武将があまりいなくてしょっぱい感じですね、、、
畠山義総がいたころはこんなじゃなかったんでしょうけどねぇ。


謙信が亡くなったことで、御館の乱勃発。上杉家が2つに割れる事態となりました。
上杉景勝が上杉景虎の討伐に向かったところを北条家が沼田から北上して攻め入るという、歴史ドラマさながらな展開になったので便乗して越中、信濃から上杉家に侵攻することにしました。
この戦闘で、越中を手中にしたのと、信濃で城を一つ獲得しました。北条家の侵攻は失敗に終わった模様。


とここで徳川家康の志が変化。
欣求浄土から天下泰平へと変わりました。


一方西側では、毛利家との戦がひと段落したところに長曾我部家が攻め寄せてきました。
なんで、大友家との戦い支援したのに攻めてくんねん。お前に人の心はないんかぁ!!!!!


上杉家との戦いがひと段落したので、第二次北条家討伐戦を敢行。
今回は小田原、八王子、下野あたりを攻撃。小田原は取れなくてOK、八王子は取れたら取りたい程度で、本命は下野です。上杉家、北条家に挟まれた箕輪城と国峯城周辺の兵を厚くすることが目的。
沼田、厩橋あたりが取れればいいなと思っていたんですが、おまけで鉢形も奪うことができました。
八王子も奪えたので、北関東の地盤が出来上がった感じに。八王子は小田原を孤立させるのにかなり有意義な働きをするはずなので、取れたのは大きかったです。


北条家からも徳川家からも上杉家にちょっかいを出さなくなってしばらく経ったんですが、景勝さんが御館の乱を鎮める気配がないので、おもむろに勢力データを見てみると、上杉家の兵糧が底をついてるという事実が判明したので、取るものも取り敢えず上杉家の討伐に向かいます。


兵糧がなく、出陣することもなく落城していく上杉家の城。
まるで無人の野を行くようです。


上杉家滅亡。兵糧はやっぱ大切なんやな。
内政はちゃんとしないと痛い目見ますね。


ついでに景虎も倒して越後を併呑しました。上杉家あっけない幕切れだった。。。


西側では人の心無き長曾我部家に裁きの鉄槌を下すために4部隊計12万の兵を送り込んで四国を蹂躙していたのですが、予定通り攻略完了しました。
この間、毛利家が大友家、龍造寺家と争っていてくれて助かりました。
播磨とかほぼ兵がいない状態が半年以上あったんですが、一度も攻められなかったのは幸運としか言いようがありません。


パパーン!
ということで、今回はここまでですが、領土もかなり広がってもはや敵なし!という感じでしょうか。北条家と毛利家を倒してしまえば形勢逆転されるようなこともないでしょう。
次回は天下をすべて徳川の旗で埋め尽くすところまでやっていきたいと思います。

続きはこちらから
【信長の野望 大志】松平家康プレイレポート(後編)

ななうみ
今回プレイしてて思いましたが、国力が低くても、優秀な武将が多いと決戦で負けづらいので何とかなるものだなぁという感じです。この辺り、超弱小勢力だとどうやりくりするんでしょうね。大志では超弱小勢力ではまだプレイしていないので、近いうちに試してみたいなぁ。。