【信長の野望 大志】松平家康プレイレポート(後編)

松平家康でのプレイレポートも後半となってきました。
今回で、武力による日本統一まで進めていきたいと思います。難関はやはり北条家と毛利家かなと思います。あとは、島津がどのくらい強いかが気になるところですかね。
勝っても慢心せず、進めていきましょう。

このプレイレポートの前編はこちらから
【信長の野望 大志】松平家康プレイレポート(前編)
【信長の野望 大志】松平家康プレイレポート(中編)


開幕即、惣無事令の連絡。
今回は武力で全国に徳川の旗を立てるのを目標にしているので、却下します。


長曾我部家を倒したので、西方戦線ではいよいよ毛利家との決戦を行います。
伊予、讃岐、備前、因幡の4方向からおおよそ各4万程度の軍勢で攻め上がっていきます。


東方戦線は下野から武蔵、相模に侵攻。
大軍相手の時は、動員兵数の少ない味方に有利な土地で敵と戦い敵兵を大いに減らしてから城に攻め入るのが常套です。


上杉家との戦闘中のように、毛利家の動いが鈍くなったので資材を確認してみると兵糧がありませんでした。またか。


できる限りの兵を割いて一気に毛利家を攻略。


北条家も小田原、宇都宮、館山、が陥落するとほとんど抵抗を見せずに滅亡してしまいました。


というわけで、現在の勢力図。
最大の敵であった毛利家、北条家を倒してしまったのでサクッと天下統一してしまいましょう。


北条家を滅亡させた舞台でそのまま北伐に向かいます。
まずは、伊達家との戦闘です。兵力に大きな差があるので、戦闘はほとんど負けなしといった感じ。


会津を抑えてからは内陸と海沿いの2方向から攻め入ります。


余力があったので、伊達家と戦いながら南部家にも宣戦。まずは内地を侵略していきます。
庄内の兵が内地に出兵したら、越後の兵をまとめて北伐に向かわせるぞ!


えっ…おま…
まだ4カ国以上保持している状態で臣従とか!!!!
乱世を生き抜くには賢いと言えるかもしれんが、今回の家康は血も涙も無いのだ!!


伊達家滅亡。


大友家滅亡。九州の方は、島津家、龍造寺家がそれなりの兵数を確保しているので侵攻が遅れ気味です。


勢力図。


武将数が1000を超えました。
領土に絶対的な差があるのに、みんな兵数多いね。また兵糧がなくならないか、おじさんは心配です。


龍造寺家との戦闘が終わり、一時停戦している隙に、島津家を薩摩へ押し返します。
四国から1部隊、中国から2部隊、九州北部で1部隊の4部隊を送り込み、日向あたりまで占領することに成功しました。あと少し。


龍造寺家との停戦期間が終わったので、兵の回復を待って、即座に攻め入り滅ぼします。


そして島津にも別れを告げます。
今作品では、種子島にも城があるのが良いですね。
次回作では壱岐やら隠岐やら対馬もぜひマップに加えてほしいなと思っています。


なんだかんだで最後まで粘った南部。というか、蝦夷地が遠すぎた問題ですね。。あと、九州と比べて東北は城が少ないので、兵の集まりが悪いですな。


というわけで、天下統一です。
なんだかんだで、大志を始めてから初の武力統一。なかなか感慨深いものがありましたが、途中から勝ち戦だったのは目に見えていたので、やはりちょっとだるさもありました。惣無事令システム優秀だということが改めてわかります。

ななうみ
松平家は何気に好きな家柄で、特に家康のおじいちゃんである松平清康の頃は小さいながらも勢いがあり非常に良いと思っていました。今回は、家康が今川から独立するところでスタートしましたが、機会があればもっと早い時代からもプレイしてみたいなと思います。今後は惣無事令を出していくところで終了かなぁ。。。と思いますが。