「殿、利息でござる!」を視聴したので評価とか感想

あけましておめでとうございます。本年は本日より活動を開始しました。どうぞよろしくお願いいたします。
年末年始は久しぶりにだらだらと過ごしてまして、すごく久しぶりにホームシアター的なことをやってました。Amazonプライム・ビデオで!
で、そんな中で見た「殿、利息でござる!」という作品がおもしろかったので紹介したいと思います。

殿、利息でござる!とは


2016年に劇場放映された邦画で、阿部サダヲや瑛太が主演を務める時代劇です。

金欠のため、百姓や町人へ容赦なく重税を課していた仙台藩。中でもさびれ果てた小さな宿場町・吉岡宿では、破産と夜逃げが相次いでいた。町の将来を心配する十三郎は、知恵者の篤平治から宿場復興の秘策を打ち明けられる。それは、藩に大金を貸し付け利息を巻き上げるという、百姓が搾取される側から搾取する側に回る逆転の発想であった。計画が明るみに出れば打ち首確実。必要な資金は千両。現在の3億円という大金を水面下で集める、前代未聞の頭脳戦が始まった。(C)2016「殿、利息でござる!」製作委員会

出典:殿、利息でござる! | 動画 | Amazonビデオ

ということで、「殿!利息でござる」というタイトルとは裏腹に、メインは殿様側ではなく民衆側の作品となっています。なんでも、この話は記録に残っている実話をもとにして作られているそうで、当時の民衆と仙台藩(御上)の関係性を感じることのできるエッセンスが入っていて史実好きな人でも見てみて損はない作品ではないかな?と思います。

殿、利息でござる!の評価・感想

殿、利息でござる!
Amazonプライム上のパッケージ写真はこんなだったので、超高速!参勤交代的なギャグ作品かと思いきや、思いのほかシリアス(史実ベースなので当然ですが…)だったのはいい意味で裏切られた感じでした。もちろん、映像作品として楽しく見れる程度にリズミカルにギャグが入っていたりはしたので、テンポよく楽しむことができました。

途中、百姓の中でも武士に近い身分の人が百姓側の言い分と、武士側の言い分のはざまで揺れるシーンがあるのですが、その時に「お前はどっちを向いて仕事をしているんだ!」と仲間に一括されるシーンがあるんです。
そこがものすごーく好きでした。実際、今の世の中でもお客さんの方を見ずに上司の顔色を窺って仕事をしている人とかいるじゃないですか。そういう人に向けて言ってやりたいセリフが痛快に語られているのがとてもよかったです。

作品内には「浅野屋」と「穀田屋」という造り酒屋が出てくるのですが、穀田屋は今でも同地にて酒屋を営業しているそうです。こうした実際にあった土地を訪れたりすることができるのも、この作品の魅力の一つかなという気がしますね。

また、作品そのものの観点ではなくなってしまいますが、2017年の大河ドラマ「おんな城主直虎」で徳川家康を演じていた阿部サダヲが、百姓として奔走するということでギャップがありおもしろかったです。
百姓なのにちょんまげしてるので、ぱっと見は大河の家康さんで、その格好で奔走するのは見ていてニヤニヤしてしまいました。

ななうみ
映像作品みたい時に、自宅で作品を選んで見れるっていうのはなかなか快適でいいですね!映画館だと2時間同じ態勢で座ってないといけないのでお尻が痛くなるんですけれど、ホームシアターは横になりながら見れるしとても快適でした。この作品、歴史好きな人にはおすすめなのでぜひ見てみてください~!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です